金比羅船々 こんぴらふねふね

日本の民謡/お座敷遊び・お茶屋遊びの曲

『金比羅船々 こんぴらふねふね』は、香川県・金刀比羅宮(ことひらぐう)を題材とした日本の古い民謡

和風の温泉宿やお茶屋、宴会、料亭、などで舞妓・芸妓と行うお座敷遊び・お茶屋遊びの曲としても知られている。

代表的な歌詞の一例

金毘羅船々(こんぴらふねふね)
追風(おいて)に帆かけて
シュラシュシュシュ
まわれば 四国は
讃州(さんしゅう)
那珂の郡(なかのごおり)
象頭山(ぞうずさん)
金毘羅大権現(こんぴら だいごんげん)
一度まわれば

【試聴】金比羅船々 こんぴらふねふね

【試聴】金比羅船々 こんぴらふねふね 遊び方の説明

金刀比羅宮とは?

金刀比羅宮(ことひらぐう)とは、香川県仲多度郡琴平町の象頭山に鎮座する神社。「こんぴらさん」の呼称で親しまれ、金毘羅宮、琴平宮とも書かれる。

海上交通の守り神として信仰されており、境内の絵馬殿には航海の安全を祈願した多くの絵馬が見られる。

江戸時代中期に入ると全国の庶民の間で「金毘羅参り(こんぴらまいり)」が盛んに行われ、伊勢神宮へのお陰参りに次ぐ庶民の憧れだったと伝えられている。

お座敷遊び唄

とらとら 虎々(虎拳)
とらとーら とーらとら♪ 日本の伝統的なお座敷遊び・お茶屋遊び
菊の花 土佐のお座敷遊び唄
明石家さんま『あみだくじの歌』原曲?