浜千鳥 はまちどり

青い月夜の浜辺には 親を探して鳴く鳥が 銀のつばさの浜千鳥

『浜千鳥 はまちどり』は、作詞:鹿島 鳴秋、作曲:弘田 龍太郎による日本の童謡・唱歌。1919年(大正8年)発表。

歌詞は、鹿島 鳴秋が友人の桑山太一を柏崎に訪ね、2人で浦浜から番神海岸を散歩しているときに、鳴秋が手帳に書き記したものだという。

『浜千鳥』歌詞が生まれたとされる番神海岸(新潟県柏崎市)

鹿島 鳴秋(かしま・めいしゅう/1891-1954)は、童話作家・雑誌編集者・詩人。子ども向け雑誌の草分け「少女号」編集・発行人。

弘田 龍太郎(ひろた・りゅうたろう/1892-1952)は、高知県安芸市生まれの作曲家。代表作に『鯉のぼり』、『雀の学校』、『春よこい』、『靴が鳴る』などがある。

歌詞:浜千鳥

青い月夜の浜辺には
親を探して鳴く鳥が
波の国から生まれ出る
濡れた翼の銀の色

夜鳴く鳥の悲しさは
親をたずねて海こえて
月夜の国へ消えてゆく
銀のつばさの浜千鳥

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴

【試聴】浜千鳥 二代目コロムビアローズ