どこかで春が

日本の歌曲/山の三月 そよ風吹いて どこかで春が生まれてる

『どこかで春が』は、作詞:百田宗治、作曲:草川信による日本の歌曲。1923年(大正12年)に歌詞が発表された。

厳しい冬も峠を越え、あちこちで生まれ始める春の息吹が感じられる早春の歌。写真は3月下旬から咲き始める杏(あんず)の花。

ちなみに、『どこかで春が』作曲者の草川信は、雑誌『赤い鳥』のメンバーとして『夕焼け小焼け(夕焼小焼)』、『緑のそよ風』、『ゆりかごの歌』などの作曲も手がけている。

【試聴・歌詞】 どこかで春が

どこかで春が 生まれてる
どこかで水が 流れ出す

どこかで雲雀(ひばり)が 鳴いている
どこかで芽の出る 音がする

山の三月 そよ風吹いて
どこかで春が 生まれてる

関連ページ

春の童謡・唱歌・日本のうた
『春よ来い』、『春が来た』、『花(春のうららの隅田川)』など、春をテーマとした日本の童謡・唱歌まとめ