Sing a Song of Sixpence
6ペンスの歌を歌おう

王様は金勘定、女王は優雅にハチミツとパンでティータイム?!

『6ペンスの歌を歌おう Sing a Song of Sixpence』は、18世紀の頃から存在したと言われているイギリスの古いマザーグース(ナーサリーライム)。

そのルーツについては諸説あるようだが、決定的な起源は特定できていないようだ。アガサクリスティー(Agatha Christie)が1953年に出版した推理小説「A Pocket Full of Rye」は、この『6ペンスの歌』の歌詞を意識した作品となっている。

【試聴】6ペンスの歌を歌おう

歌詞・日本語訳(意訳)

Sing a song of sixpence, A pocket full of rye;
Four and twenty blackbirds, Baked in a pie.

6ペンスの歌を歌おう ポケットいっぱいのライ麦
パイにつめて焼きあげた 24羽の黒ツグミ



When the pie was opened, The birds began to sing;
Was not that a dainty dish, To set before the king ?

パイを開ければ 鳥が歌い出す
王様に出すごちそうさ

The king was in his counting-house, Counting out his money;
The queen was in the parlour, Eating bread and honey.

王様は蔵にこもって金勘定
女王は居間ではちみつとパン

The maid was in the garden, Hanging out the clothes,
There came a little blackbird, And snapped off her nose.

メイドはお庭で洗濯物を干す
そこへ黒ツグミがやって来て
鼻をパチンとついばんだ

マザーグース・子供向けの英語の歌