父ウィリアム・フォスターは
ピッツバーグの商社マン

19世紀アメリカ民謡の父 フォスター特集

スティーブンの父ウィリアム・フォスター(William Barclay Foster)は、アメリカ独立戦争の退役軍人の子供として、1779年9月5日にバージニア州バークレーで生まれた。

16歳の時にはピッツバーグの商社「Denny & Beelen」で働き始め、20代後半頃にはパートナーの地位にまで昇格していた。

写真:ピッツバーグ州アレゲニーウエストの町並み

1807年11月14日、ウィリアムはエライザ(Eliza Clayland Tomlinson)と結婚し、二人の間には4人の娘と5人の息子が生また。このうち、1826年に9番目に生まれた子が、後にアメリカ民謡の父と称されるスティーブン・フォスターである。

ウィリアムには連れ子がいて、その連れ子は後にウィリアム・B・フォスタージュニア(William Barclay Foster Jr.)としてフォスター家の一員に加わった。

このウィリアムJrは後に技術者として大成功を収め、経済的に苦しかったフォスター家を支えていくことになるなど、フォスター家の隠れたキーパーソンとしてその存在感は大きかった。

地元の名士だったウィリアム・フォスター

父ウィリアムの20代半ば頃はピッツバーグの商社でのビジネスも順調に進み、フォスター家はかなり裕福な家庭として地元でも知られるようになった。周辺に123エーカーもの広大な土地(1エーカー≒4047㎡)を購入するなど、まさにこの頃がウィリアム・フォスター家の絶頂期だったのかもしれない。

広さの比較として東京都杉並区が約34k㎡、世田谷区が約58k㎡であるのと比べると、123エーカーという土地の広さと、フォスター家の当時の裕福な暮らしぶりが想像できるだろう。後に「白壁(しらかべ)の家(the White Cottage)」として知られる自宅も、この広大な土地に建てられたものだ。

【関連ページ】 アメリカ民謡の父 フォスター特集