キンダーポルカ Kinderpolka

童謡『手をたたきましょう』との関係は?ルーツはドイツ?

『キンダーポルカ Kinderpolka』は、大人が踊っても楽しいドイツの子供向けフォークダンス。「キンダー」とはドイツ語で「幼児・子供」の意味。童謡『手をたたきましょう』との関係も見受けられる(後述)。

キンダーポルカ Kinderpolka

複数のペアがパートナーを交代しながら踊る「ミキサー(ミクサー)」の一種で、「ポルカ」と題されてはいるが、ポルカステップのような子供には難しい要素は含まれていない。

『キンダーポルカ Kinderpolka』はドイツのフォークダンスと紹介されるが、似た振り付けが含まれるフォークダンスはヨーロッパ各地に存在する。ルーツはドイツ以外にある可能性が高そうだ(要検証)。

【試聴】 Kinderpolka Folk Dance

【試聴】Kinderpolka

踊り方が『手をたたきましょう』の原曲と似てる?

世界の民謡・童謡をご紹介している当サイトとしては、この『キンダーポルカ Kinderpolka』は、日本の童謡『手をたたきましょう』との関係で重要であると考えている。

手をたたきましょう』の原曲(と思われる楽曲)は、『Šla Nanynka do zelí(ナニンカちゃん、キャベツ畑へ)』というチェコ民謡だが、その童謡の振り付けをYouTubeで見てみると、『キンダーポルカ Kinderpolka』と同様の動作で踊っている部分が確認できる。

【試聴】子供たちによるお遊戯『Šla Nanynka do zelí』

具体的には、向かい合って両手をタッチしたり、地面を踏みつけるように足踏みしたり、口論で相手を責める様に人差し指を立てて振り動かす、などの動作が両曲に共通してみられる。

これは、『キンダーポルカ Kinderpolka』も『手をたたきましょう』の原曲も、そのルーツは同じ『クルンパコイス』というリトアニアのフォークダンスであることに由来していると考えられる。

【試聴】フォークダンス 『クルンパコイス Klumpakojis』

おそらく、『キンダーポルカ Kinderpolka』は、大人のフォークダンスである『クルンパコイス』をドイツで幼稚園児向けにアレンジした踊りである可能性が考えられる。

『キンダーポルカ Kinderpolka』の辺の由来・ルーツについては情報が少ないため、この仮説については今後のさらなる検証が必要だ。

関連ページ

手をたたきましょう
『キンダーポルカ Kinderpolka』とルーツが同じ?
クルンパコイス フォークダンス
リトアニア民謡。『手をたたきましょう』や『キンダーポルカ』のルーツか?
フォークダンス・民族舞踊 有名な曲
『マイムマイム』、『オクラホマ・ミキサー』、『ジェンカ』など、日本でも有名な世界のフォークダンス・民族舞踏まとめ