The New Christy Minstrels
1960年代に活躍したフォークバンド

グリーングリーンの謎 Green Green

Definitive New Christy Minstrels [Best of]

『グリーングリーン』の原曲『Green Green』をリリースしたザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ(The New Christy Minstrels)は、1961年に結成されたアメリカのフォーク音楽バンド。

男女混成の10人組フォーク・グループで、リーダーのRandy Sparks(ランディ・スパークス)を中心に、非常に分かりやすくポピュラーなフォーク・ソングで人気を集めた。

代表曲は、『Green Green』の他、『This Land Is Your Land』、『Today』、『Ramblin'』などがある。

バンド名の由来は? ミンストレル・ショーとの関係は?

バンド名の「クリスティー・ミンストレルズ」は、19世紀のアメリカで活躍していた音楽グループ「Christy's Minstrels(クリスティーズ・ミンストレルズ)」から取られたもの。

Christy's Minstrelsは、当時のアメリカで大流行していた舞台劇「ミンストレル・ショー」向けの音楽を数多く提供していた。アメリカ民謡の父と言われるフォスターからも何曲か曲を買い取っている。

ザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズは、名前に「ミンストレル」がついているが、これは単に名前を一部借りただけで、特に「ミンストレル・ショー」との直接的な関係はないようだ。

【関連ページ】 アメリカ民謡の父フォスター特集 ミンストレル・ショーとは?

Eve of Destruction
バリー・マクガイア Definitive New Christy Minstrels [Best of]

リードボーカルのバリー・マグワイアとは?

『Green Green』をリリースした頃のリードボーカルは、作曲者でリード・シンガーでもあったBarry McGuire(バリー・マクガイア)。

力強く味わい深い歌声が人気を集め、『Green,Green』のリリース後には、ダンヒルレコード(現在はMCAの子会社)からソロデビューしている。

ソロデビュー・シングル『Eve Of Destruction(明日なき世界)』は、当時のヒットチャートでNo.1に輝くヒット曲となった。核戦争による人類の破滅の恐怖を描いたこの曲は、他愛のない内容の歌ばかりだったポップ・ミュージック界に衝撃を与え、その後の歌詞の過激化のきっかけともなった。

しかし『Eve Of Destruction(明日なき世界)』のヒット以降はパッとせず、1970年代中盤にはクリスチャン・ミュージックに転向。数枚のアルバムを発表したものの、1980年代には音楽活動から身を引き、以後は慈善活動に身を投じている。

グリーングリーンの謎 目次

グリーン・グリーン /ニュー・クリスティ・ミンストレルズ
  1. ニュー・クリスティ・ミンストレルズ
  2. 「パパ」ではなく「ママ」?
  3. 原曲の歌詞と日本語訳
  4. 当時のアメリカの時代背景
  5. パパをめぐる都市伝説とは?

【関連ページ】

ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探るドナドナ研究室