グリーングリーン Green Green
ニュー・クリスティ・ミンストレルズ

1960年代アメリカのフォークバンド The New Christy Minstrels

『グリーングリーン(Green Green)』は、アメリカのフォーク音楽グループ「ニュー・クリスティ・ミンストレルズ」による1963年の曲。

1960年代にアメリカの若者を中心に生み出されたヒッピー文化が歌詞の中に色濃く反映されたプロテストソングだ。

ボーカルのバリー・マグワイア(Barry McGuire)は、「Green,Green」の発表後、ダンヒルレコード(現在はMCAの子会社)からソロデビュー。デビュー・シングル『Eve Of Destruction(明日なき世界)』は、当時のヒットチャートでNo.1に輝いている。

日本ではパパと語り合う息子の歌に

「ある日パパと二人で語り合ったさ」の歌い出しで知られる日本語版『グリーングリーン』は、『勇気ひとつを友にして』の作詞で知られる片岡 輝(かたおか ひかる)により作詞されたもの。

パパと熱く語り合う日本語版に対して、原曲の『Green Green』では一切パパは登場せず、そのかわりに「ママ」が登場する。

【関連ページ】 ドナドナ研究室 グリーングリーンの謎

【試聴】グリーングリーン Green Green

【関連ページ】 ドナドナ研究室 グリーングリーンの謎