アーロン・ツァイトリン Aaron Zeitlin

ニューヨークで活躍したドナドナ原曲の作詞者

アーロン・ツァイトリン(Aaron Zeitlin/1898–1973)は、ユダヤ系の詩人・文学者。『ドナドナ』の作詞者としてほぼ確実視されている(作曲者はショロム・セクンダ)。

現在のベラルーシやリトアニアで幼少期を過ごし、1918年に第一次世界大戦が終結しポーランドが独立した後は、ポーランドの首都ワルシャワなどで活動した。

写真:ワルシャワ・ワジェンキ公園 フレデリック・ショパン

父親は、詩人で思想家のヒレル・ツァイトリン(Hillel Zeitlin/1871–1942)。父ヒレルの最期については、イツハク・カツェネルソンが記した書籍「滅ぼされたユダヤの民の歌」の中にも記述がある。

大戦直前にニューヨークへ移住 ドナドナ誕生

1939年3月、イディッシュ語の劇作家モーリス・シュワルツ(シュヴァルツ Maurice Schwartz/1889–1960)に招かれ、アーロン・ツァイトリンは単身でニューヨークに移住した。

翌年の1940年には、ポーランドの歴史的人物を題材としたミュージカル「Esterke エスターケ(エスターク/エステルク/エステルケ) 」を執筆。劇中歌として今日知られる『ドナドナ』の原曲が誕生した(作曲:ショロム・セクンダ)。

『ドナドナ』原曲の歌詞についてはこちら

フォーク・リバイバル時代に女性歌手ジョーン・バエズのカバーで『ドナドナ』がフォークソングとしてヒットしたのは、それから20年後の1961年のことである。

なお、アーロン・ツァイトリンがニューヨークに移住した半年後の1939年9月に第2次世界大戦が勃発。彼は祖国へ戻れなくなり、その後家族と二度と再会することはできなかった。

関連ページ

ドナドナの謎
ドナドナにまつわる歴史や由来などをまとめた研究ページ
ドナドナ研究室
『森のくまさん』、『ダニーボーイ』、『アメイジング・グレイス』など、世界の名曲にまつわる謎・ルーツ・歴史に深く迫る研究ページ