小さなイモムシ THE LITTLEST WORM
「森のくまさん」替え歌その2

森のくまさんの謎/ドナドナ研究室

アメリカでの替え歌「キュートな男の子」とは場面は一変して、第2の替え歌「小さなイモムシHE LITTLEST WORM」では、そのタイトル通り小さなイモムシが登場し、「キュートな男の子」でも登場したサイダーとストローも引き続き歌詞の中で重要な役割を果たしています。それでは早速歌詞の方を見てみましょう。

小さなイモムシ THE LITTLEST WORM

The littlest worm you ever saw
Got stuck inside my soda straw
The littlest worm you ever saw Got stuck inside my soda straw

今まで見た中で一番小さなイモムシ
ソーダのストローにはまってた

He said to me, "Don't take a sip,
'Cause if you do, you'll get real sick."
He said to me, "Don't take a sip, 'Cause if you do, you'll get real sick."

イモムシは言った
「ストローを吸っちゃだめだよ」「じゃないと病気になっちゃうよ」

I took a sip and he went down
Right through my pipe, he must have drowned
I took a sip and he went down Right through my pipe, he must have drowned

ストローを吸うと イモムシは下がっていった
ストローの中を転がり落ちて 彼はおぼれるはずだった

He was my pal, he was my friend
There is no more, this is the end
He was my pal, he was my friend There is no more, this is the end

彼は僕の友人 友達だった
これ以上はないさ これでおしまい

Now don't you fret, now don't you fear,
That little worm had scuba gear.
Now don't you fret, now don't you fear, That little worm had scuba gear.

やきもきしないで 心配しないで
彼はスキューバ(潜水装置)を持ってたんだから

歌詞のルーツは?1919年の楽譜の歌詞とメロディーを探る

第2の替え歌「小さなイモムシ」では「キュートな男の子」と全く異なるシチュエーションが描かれていたにも関わらず、「サイダー」と「ストロー」というキーワードは共通して用いられていました。アメリカの歴史資料を紐解いていくと、どうやらこの二つの替え歌の元となっている曲が存在していたようです。それは遡ること100年近く、1919年に出版されたある楽譜の歌詞が元となっているようなのです。→次のページへ進む

【次のページ】 「7.1919年の楽譜」へ進む

森のくまさんの謎 インデックス

  1. はじめに
  2. 歌詞の様々な解釈
  3. 作詞は馬場祥弘氏
  4. 森くま英語版のユーモア
  5. ちょっぴり大人な替え歌
  6. 小さなイモムシ
  7. 1919年の楽譜
  8. 腹をすかせた哀れな男の歌
  9. 魚肉からミートボールへ
  10. すべての謎は解けた?

パロディ曲『森のくまさん』関連

パロディ曲『森のくまさん』を作詞者が提訴?
作詞者に無断で歌詞を追加しCDリリース
加詞(歌詞の追加)と著作権 もりくま騒動
作詞者に無断で歌詞を追加しトラブル発生
おふくろさん騒動 森進一による歌詞追加
歌詞を追加したアレンジ版を歌い続けて作詞者が激怒

関連ページ

アメリカ民謡・童謡『森のくまさん』歌詞の意味・日本語訳
ある日、森の中でくまさんに出会った女の子はなぜ逃げた?原曲の内容は?
ドナドナ研究室 世界の名曲の謎・ルーツを探る
アメイジング・グレイス、森のくまさん、グリーン・グリーン、ドナドナなど、日本でも有名な世界の名曲にまつわる面白エピソードや原曲のルーツ・謎に迫る研究ページ