森のくまさん作詞者 馬場祥弘氏とは?

森のくまさんの謎/ドナドナ研究室

伝説の「森のくまさん」の作詞を手がけた馬場祥弘(ばば よしひろ)氏は、1944年大阪府に生まれ、関西学院大学卒業は上京して広告代理店に勤務し、コマーシャルフィルムのディレクターとして活躍しました。

【関連ニュース】パロディ曲『森のくまさん』を作詞者が提訴?

退社後は放送作家、DJ、コンサート・プランナー、作詞家など多才ぶりを発揮し、現在は主に作家として活動されています。

架空の歴史シミュレーション小説を得意分野としているようで、「激闘!旭光の連合艦隊」、「超釈三国志 大地の覇王」、「異変戦国志〈1〉信長脱出」、「超ハイテク戦艦「大和」復活す」など、100冊近い歴史空想シリーズが出版されています。

馬場氏のその他の音楽作品は?

社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)のデータベースで彼の著作を検索してみると、「森のくまさん」以外には「俺等の恋」、「親がめソング」、「ケメコの歌」、「男と女のテーマ」など、あまり聞いたことがない曲や歌詞がいくつか確認できます。

「ケメコの歌」、「親がめソング」、「男と女のテーマ」は作詞のみならず作曲もされていたようで、ソングライターとしての一面も垣間見ることができました。ちなみに「おお牧場はみどり」、「喜びの歌(ベートーベン交響曲第九番ニ短調作品125「合唱」)」なども登録されていましたが、今日我々がよく知っている歌詞とは異なる作品のようです。

馬場氏のもう一つの顔 小森豪人(こもりごうじん)氏について

馬場祥弘氏は、学生時代から芸名「小森豪人(こもりごうじん)」としても作詞作曲・執筆活動を行っており、今日までに推理小説やクイズ本など多数の著作を残しています。

JASRACのデータベースで検索すると28件の著作が確認できましたが、どれもあまり知られていない曲ばかりで、「森のくまさん」ほどにヒットした曲はなかったようです。

現在馬場氏は本名である「馬場祥弘」と「小森豪人」の両方の著作者名を使い分けていて、推理小説・クイズ系の書籍には「小森豪人」の名前を使い、架空歴史戦記系の書籍には「馬場祥弘」の名前を使っているようです(右写真:小森豪人著「なぞなぞチャンピオン爆笑1000問」)。

馬場氏が訳したアメリカ民謡「森のくまさん」の英語の歌詞は?

前のページでも少し触れたとおり、馬場氏による日本語版の歌詞のストーリーが若干不自然なのは、アメリカ版のオリジナルの歌詞に込められたアメリカンジョーク的な要素を、字数制限のある日本語の歌詞の中で(あえて)説明しきらなかったことが大きな原因の一つだと考えられますが、それではそのアメリカ版「森のくまさん」の歌詞とはどのような内容なのでしょうか?次のページに続きます

【次のページ】 「4.森くま英語版のユーモア」へ進む

森のくまさんの謎 インデックス

  1. はじめに
  2. 歌詞の様々な解釈
  3. 作詞は馬場祥弘氏
  4. 森くま英語版のユーモア
  5. ちょっぴり大人な替え歌
  6. 小さなイモムシ
  7. 1919年の楽譜
  8. 腹をすかせた哀れな男の歌
  9. 魚肉からミートボールへ
  10. すべての謎は解けた?

パロディ曲『森のくまさん』関連

パロディ曲『森のくまさん』を作詞者が提訴?
作詞者に無断で歌詞を追加しCDリリース
加詞(歌詞の追加)と著作権 もりくま騒動
作詞者に無断で歌詞を追加しトラブル発生
おふくろさん騒動 森進一による歌詞追加
歌詞を追加したアレンジ版を歌い続けて作詞者が激怒

関連ページ

アメリカ民謡・童謡『森のくまさん』歌詞の意味・日本語訳
ある日、森の中でくまさんに出会った女の子はなぜ逃げた?原曲の内容は?
ドナドナ研究室 世界の名曲の謎・ルーツを探る
アメイジング・グレイス、森のくまさん、グリーン・グリーン、ドナドナなど、日本でも有名な世界の名曲にまつわる面白エピソードや原曲のルーツ・謎に迫る研究ページ