ジュピター 交響曲第41番

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart/1756–1791)

『交響曲第41番 ハ長調』(K.551) は、モーツァルトが作曲した最後の交響曲。「ジュピター」の別称を持つ。

1788年8月10日に完成された。同年に作曲された交響曲第39番(6月26日)、交響曲第40番(7月25日)とともに「3大交響曲」と呼ばれる。

この「ジュピター」は、ローマ神話における最高神ユーピテル(ユピテル)を指す。本作品のスケールの大きさ、輝かしく荘厳な曲想を表現すべく、同時代の音楽家ザーロモンによって名づけられた(標題的な意味合いはない)。

写真:エルミタージュ美術館のユピテル像(撮影:Yakov Oskanov©123RF)

ホルスト『木星 ジュピター』

有名なクラシック音楽・名曲・代表曲

モーツァルト : 交響曲第40番&第41番「ジュピター」
演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮: バーンスタイン(レナード)
レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック

【試聴】モーツァルト 交響曲第41番 第2楽章

【試聴】モーツァルト 交響曲第41番 第3楽章

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴