アニトラの踊り
グリーグ 組曲『ペール・ギュント』より

エドヴァルド・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg/1843-1907)

組曲『ペール・ギュント』は、ノルウェーの作曲家グリーグ(グリーク)による1875年の作品。

元々は、1876年に初演されたノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの戯曲『ペール・ギュント (Peer Gynt)』の劇音楽だった。後に全27曲の劇音楽の中から8曲が選び出され、4曲ずつそれぞれ第1組曲、第2組曲と改作された。

アニトラって誰のこと?

「アニトラ」とは、主人公ペール・ギュントの財産を狙って妖艶なダンスで誘惑しようとする中東のある部族の娘。ペール・ギュントはまんまと騙されて、砂漠で身ぐるみ剥がされてしまう。

北欧のショパン グリーグとは?

グリーグは、ノルウェーの民族音楽から深い影響を受けた国民楽派の作曲家。ピアノのために数多くの小品を残しており、「北欧のショパン」と呼ばれることがある。

日本では、数あるグリーグ作品の中でも、この組曲『ペール・ギュント』とイ短調のピアノ協奏曲(特に第一楽章)が有名。

グリーグ ペールギュント
グリーグ:ペール・ギュント

第1組曲(Suite No. 1, Op. 46/1888)

第2組曲(Suite No. 2, Op. 55/1891)

【試聴】アニトラの踊り Arabic Dance

北欧のショパン グリーグ特集へ

有名なクラシック音楽の名曲 解説と視聴