ピアノ協奏曲(グリーグ)イ短調

エドヴァルド・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg/1843-1907)

グリーグ&シューマン:ピアノ協奏曲

『ピアノ協奏曲イ短調 作品16』は、ノルウェーの作曲家グリーグ(グリーク)による唯一のピアノ協奏曲。

1868年デンマークのSollerodに訪問している間に作曲されたグリーグ初期の傑作。

第一楽章の冒頭では、印象的なティンパニのクレッシェンドに導かれ、流れ落ちるようピアノのフレーズが登場。「悲劇」をイメージさせるBGMとしてテレビなどでもしばし使われる。

このフレーズは、グリーグの故郷ノルウェーによく見られる断崖絶壁の入り江「フィヨルド(fjord/峡湾)」に注ぐ滝の流れを表現したものともいわれる。

グリーグのピアノ協奏曲は、よくロベルト・シューマンのピアノ協奏曲と比較される。これは、両者とも同じイ短調で書かれた曲で、始まりの部分や作風がよく似ていることなどによるが、実際、グリーグはシューマンのピアノ協奏曲を1858年にクララ・シューマンの演奏で聴いていて、それに大きく影響を受けているという。

【試聴】グリーグ ピアノ協奏曲イ短調 作品16

北欧のショパン グリーグ特集へ

有名なクラシック音楽の名曲 解説と視聴