ガーシュウィンの有名な曲・代表曲 解説と視聴

ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin/1898-1937)

パリのアメリカ人
1920年代に過ごしたパリの活気に触発されて作曲された大掛かりな標題音楽であり、いわば音楽によるフランス紀行文となっている。
ス・ワンダフル
一風変わったタイトルと歌詞は、当時流行していた「It's......」の「It」を省略する言い回しから来ている。
サマータイム
オール黒人キャストのアメリカンフォークオペラで歌われる子守唄
サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
ジャズ・スタンダードとしてカバーされているほか、日本では野村不動産「プラウド(PROUD)」CMテーマ曲としても使用された。
ラプソディー・イン・ブルー
ジャズとクラシックを融合させた「シンフォニックジャズ」の作品として世界的に評価された。

有名なクラシック音楽 一覧へ

【楽譜】 ジョージガーシュウィン 3 オリジナルヴァージョン

パリのアメリカ人、スワンダフル、誰かが私を愛してる、スワニー、プレリュード、二つのワルツ、即興曲、ラプソディーインブルーなど全19曲収録。