弦楽のためのセレナード ダグ・ヴィレーン

童謡『ふしぎなポケット』原曲・元ネタ?

『弦楽のためのセレナード Serenade for strings』は、スウェーデンの作曲家ダグ・ヴィレーン(Dag Wirén/1905-1986)が1937年に作曲した弦楽曲(作品11)。

4楽章構成で演奏時間は15分ほどのコンパクトな構成。同曲は、ダグ・ヴィレーンの作曲家としての地位を高めた作品であり、今日まで彼を代表する楽曲となっている。

【試聴】Dag Wiren - Serenade for Strings 第4楽章

ポケットの中には ビスケットが一つ♪

特に有名なのが、最終楽章(第4楽章)『行進曲』。クラシック音楽の行進曲を集めたコンピレーションアルバムなどでは、『ラデツキー行進曲』や『ハンガリー行進曲(ラコッツィ行進曲)』などと並んで、この『弦楽のためのセレナード』第4楽章が収録されることもあるようだ。

日本的な観点からは、「ポケットの中にはビスケットがひとつ♪」の歌いだしで有名な童謡『ふしぎなポケット』のメロディとの類似性が指摘されることが多い。

もちろん年代的はダグ・ヴィレーン『弦楽のためのセレナード』の方が圧倒的に早い時期に作曲されており、影響を受けた可能性があるのは童謡『ふしぎなポケット』の方であることは言うまでもない。

ちなみに、このような2曲の偶然の一致については、こちらの特集ページ「元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室」に有名どころを一通りまとめてあるので、こちらも是非お立ち寄りいただきたい。

関連ページ

元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室
一部のメロディがよく似た2曲や、カバーされた原曲・元ネタあれこれまとめ。ジャンルは歌謡曲やアニメ・ゲーム音楽など幅広く。
童謡『ふしぎなポケット』
ポケットの中には ビスケットが一つ♪