エオリアンハープ Aeolian Harp
ショパン 12の練習曲 作品25 第1番

フレデリック・ショパン(Frederic Francois Chopin/1810-1849)

『エオリアンハープ(Aeolian Harp)』は、フレデリック・ショパン『12の練習曲 作品25』第1番。

流れるような美しいアルペジオ(分散和音)が特徴で、後にドイツの作曲家ロベルト・シューマンがこの題名を名付けたとされる。

エオリアン・ハープ(Aeolian Harp)とは、弦楽器の一種。自然に吹く風により音を鳴らす。ギリシャ神話の風神アイオロスに由来する。

『12の練習曲 作品25』は、1832年から1836年頃に作曲され、1837年に出版された練習曲集(エチュード)。『エオリアンハープ』以外には、『第11番 木枯らし』も有名。

ショパンのエチュード(練習曲)といえば、1833年に発表された『12の練習曲 作品10』も有名だ。中でも『第3番 別れの曲』、『第12番 革命』などは特に有名で、テレビ番組やCMなどで耳にすることも多い。

【楽譜】 ショパン エチュード(練習曲)の楽譜を探す

【試聴】エチュード Op.25-1 エオリアンハープ

ショパン:12の練習曲 作品10/作品25

ショパン:12の練習曲 作品10/作品25クラシックCD史上最も完全無欠な演奏のひとつとして知られる超名盤。徹底した超絶テクニック、さらに音楽表現にも優れた20世紀を代表する名録音です。