弦楽のためのアダージョ(バーバー)

バーバーのアダージョ/バーバーのアダージオ

『弦楽のためのアダージョ Adagio for Strings』は、アメリカの作曲家サミュエル・バーバーによる1938年初演の楽曲。作曲者の名前をとって「バーバーのアダージョ」または「バーバーのアダージオ」とも呼ばれる。

サミュエル・バーバー(Samuel Barber/1910-1981)は、ペンシルヴァニア州ウェスト・チェスター出身。フィラデルフィアのカーティス音楽学校で作曲・ピアノのほか、フリッツ・ライナーに指揮を学び、最優等を得て卒業。

その後1935年に、ローマのアメリカ学士院より奨学金を得て、翌年よりイタリア留学を果たす。同地で『弦楽四重奏曲 第1番 ロ短調』を作曲。この第2楽章が後に弦楽合奏用に編曲され、『弦楽のためのアダージョ』として広く親しまれるに至った。

【試聴】バーバー 弦楽のためのアダージョ

映画『プラトーン』、『エレファントマン』でも使用

1986年公開のアメリカ映画『プラトーン(Platoon)』、1980年『エレファント・マン(The Elephant Man)』など、いくつかの映画のBGMとして使用された他、アメリカのテレビドラマ『ER緊急救命室第Xシリーズ』、韓国ドラマ『冬のソナタ』、ジョン・F・ケネディの葬儀など、様々なメディアや式典等で頻繁に演奏されている。

お葬式・葬儀のBGMにも

アメリカでは、『弦楽のためのアダージョ』がジョン・F・ケネディの葬儀で使用され有名になった。以後、訃報や葬式の定番曲になってしまったが、バーバー自身は「葬式のために作った曲ではない」と不満を述べているという。 日本では昭和天皇の崩御の際にNHK交響楽団の演奏が放映された。

アダージョ関連の有名な曲は?

ちなみに、「アダージョ(Adagio)」とは、速度記号の一つで「ゆるやかに(演奏せよ)」の意。アダージョの有名な曲としては、1986年に大ヒットしたフレンチポップス『T'en Va Pas(哀しみのアダージョ/悲しみのアダージョ)』、18世紀イタリアの作曲家アルビノーニによる『アルビノーニのアダージョ』などがある。

関連ページ

アルビノーニのアダージョ
説明文
マルチェッロのアダージョ
説明文
お葬式・葬儀で使われるクラシック音楽
説明文