『異邦人』の元ネタ・原曲?
ポルトガルの民族歌謡 『Maria Lisboa』

元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室

サウダーデ 『異邦人』 試聴あり

『異邦人(いほうじん)』は、1979年にリリースされた日本の歌謡曲。作詞・作曲・歌は、シンガーソングライターの久保田早紀。

この曲の元ネタ・原曲(?)として、ポルトガルの有名な民族歌謡『Maria Lisboa マリア・リスボア』の名前が挙がることがある。

比較して聴いてみると、確かに曲調やメロディ進行が似ており、『Maria Lisboa』がインスピレーションの源になっている可能性は低くなさそうだ。

なお、久保田早紀のアルバム「サウダーデ」(右ジャケット)では、収録をわざわざポルトガルで行っているという。やはりファド(ポルドガルの大衆歌謡)との関連性があってのことだろう。

【関連ページ】 元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室

中森明菜『異邦人』 9曲目に収録 アルバム「歌姫 2 - Zero Album -」より

The Art of Amália Rodrigues Vol. I - アマリア・ロドリゲス

【Amazon MP3】

アマリア・ロドリゲス『マリア・リスボア』 試聴・ダウンロード

アマリア・ロドリゲス アルバム「Fado Spirit Vol. 2」 試聴・ダウンロード

【試聴】マリア・リスボア(リシュボア) Maria Lisboa

【試聴】異邦人 久保田早紀

中森明菜 『異邦人』 9曲目に収録 アルバム「歌姫 2 - Zero Album -」より