まんまるちゃん 絵描き歌 歌詞と解説

まんまるちゃん 絵描き歌

大きなお船に乗せられて 父さん母さん さようなら?

『まんまるちゃん』は、ポーランド民謡『森へ行きましょう』のメロディで歌う作者不明の絵描き歌。

完成すると子ブタが描かれるが、事前に完成図を知らなければ、歌詞だけで子ブタの絵を書くのは難しいかもしれない。

歌詞は地域によって若干バリエーションがあるが、船に乗せられて父さん母さんと離れ離れになるというちょっと怖いストーリーは共通しているようだ。

腕と手の部分を「6(ろく)」で表現するのは、絵描き歌『かわいいコックさん(棒が一本あったとさ)』と同じだが、掛け算の6×6=36(ろくろく さんじゅうろく)まで絵に書き込む点がユニーク。

【試聴】 まんまるちゃん 絵描き歌 書き方

歌詞

まんまるちゃん まんまるちゃん まんまるちゃん
まんまるちゃん まんまるちゃん まんまるちゃん
大きなお船に乗せられて
(インドのお船に乗せられて)
父さん 母さん さようなら
ろくろくちゃん ろくろくちゃん 36(さんじゅうろく)
ろくろくちゃん ろくろくちゃん 富士の山(山登り)

歌詞の補足

最後の2行は「ろくかける ろくは 36/ろくちゃんと ろくちゃんと 山のぼり」と歌うバージョンもあるようだ。

関連ページ

森へ行きましょう ポーランド民謡
絵描き歌『ろくろくちゃん』原曲
かわいいコックさん(棒が一本あったとさ)
はっぱじゃないよ かえるだよ 六月六日にUFOが?
わらべうた・遊び歌 歌詞の意味・解釈
「あんたがたどこさ」、「はないちもんめ」、「おちゃらかほい」、「ずいずいずっころばし」など、日本の古いわらべうたの歌詞の意味・解釈