あんよは上手 意味 語源・由来

あんよは上手 転ぶはお下手 ここまでおいで 甘酒しんじょ

『あんよは上手(じょうず)』は、赤ちゃんが立ち上がって歩く練習をする際に、周りの大人が赤ちゃんを囃し立てるように歌う遊ばせ歌・わらべうた。下の写真はハイハイする赤ちゃん。

歌詞は「あんよは上手 転ぶはお下手(へた) ここまでおいで 甘酒しんじょ」。「しんじょ」とは「進上」、つまり「ここまでこれたら甘酒をあげるよ」という意味。

ハイハイする笑顔の赤ちゃん

「♪あんよは上手 手の鳴る方へ」と歌われることもあるようだが、これは「♪鬼さんこちら 手の鳴る方へ」との混同だろう。

「あんよは上手」をモチーフとした童謡『あんよの歌』についても参考までに歌詞を掲載しておく(作詞:清水かつら、作曲:草川 信)。

「あんよ」とは?

三省堂「大辞林 第三版」によれば、「あんよ」とは「足」または「歩くこと」を意味する幼児語と解説されている。

幼児語とは、乳幼児との会話に用いるいわゆる「赤ちゃん言葉」のこと。ご飯を「マンマ」、自動車を「ブーブー」、犬を「わんわん」などというのがこれにあたる。

日本の民謡・童謡でも、例えば「ねんねんころりよ おころりよ」の「ねんねん」や、『春よ来い』の歌詞「おんもに出たいと」の「おんも」などで幼児語が使われている。

「あんよ」の語源は?

「あんよ」の語源については定かではないが、興味深い説を一つご紹介。

かつて毎日放送(MBS)で放送されていた情報バラエティ番組「コトノハ図鑑」では、「あんよ」の語源について、下の画像のような解説がなされていた。

あんよの語源

画像の出典:毎日放送(MBS)「コトノハ図鑑」より

この解説によれば、「あんよ」とは、歩くことを意味する「あんよみ」の「み」が省略されたのが現在の幼児語「あんよ」であり、「あんよみ」は鎌倉時代から存在していた言葉だという。

この解説をしたのは、日本語の語源に詳しい京都先端科学大学の丸太博之教授。「あんよみ」についてはこれだけでは説明不十分だが、時間の限られた番組の進行上、この「あんよみ」の詳細についてこれ以上の情報は番組内では示されなかった。

「あんよみ」語源説の今後の更なる情報提供を期待したい。

あんよの歌(作詞:清水かつら)


あんよは上手 ころぶはお下手
山かげ小やぶ よちよちあんよ
舌切り雀 お舌はいかが


あんよは上手 ころぶはお下手
小山を越えて よちよちあんよ
兎に勝った 亀さんどちら


あんよは上手 ころぶはお下手
じゃぶじゃぶ 川のお縁をあんよ
どんぶら桃は おお桃こ桃


あんよは上手 ころぶはお下手
かちかち山の ふもとの茶屋は
名物だんご かちかちだんご


あんよは上手 ころぶはお下手
夕やけ小やけ お戻りあんよ
小がにの家の 柿かき 赤い

【試聴】 あんよのうた / 歌:なげのあやか

関連ページ

わらべうた・遊び歌 歌詞の意味・解釈
「あんたがたどこさ」、「はないちもんめ」、「おちゃらかほい」、「ずいずいずっころばし」など、日本の古いわらべうたの歌詞の意味・解釈
日本の民謡・童謡・唱歌
『赤い靴』、『いぬのおまわりさん』、『サッちゃん』、『シャボン玉』など、有名な日本の民謡・童謡一覧