東京五輪音頭

演歌歌手・三波春夫を代表する1964年東京オリンピックテーマ曲

「オリンピックの顔と顔♪ ソレトトントトトント顔と顔♪」のフレーズが印象的な『東京五輪音頭』。東京オリンピック(1964年)のテーマソングとして前年の1963年6月にリリースされた。作詞:宮田隆、作曲:古賀政男。

盆踊りの曲としても定着しており、特に2020年東京オリンピックの開催が決定してからは、以前にも増して夏祭りの盆踊りの曲目に加えられる機会が多くなったようだ。

多数の人気歌手がカバー

リリース当初は三橋美智也の曲として発表された『東京五輪音頭』だったが、戦後復興を象徴する一大イベントのテーマ曲であることに鑑みてか、レコーディングの権利は各レコード会社に開放され、三波春夫、橋幸夫、坂本九らが次々と独自のカバー盤をリリースした。

周知のとおり、最も売り上げを記録したのが三波春夫。東京オリンピックが開催された1964年だけで130万枚以上のセールスを記録した。

東京オリンピックが開催される前年の1963年末に放送されたNHK紅白歌合戦では、通常エンディング曲として全員合唱される『蛍の光』が『東京五輪音頭』に差し替えられた。2020年の東京オリンピックでは、こうした特別な計らいがあるのだろうか。今から楽しみだ。

【試聴】東京五輪音頭 三波春夫

夏祭りの歌・盆踊りの曲