長持唄 ながもちうた 花嫁道中・嫁入り行列

結婚式で嫁入り道具を運ぶ「長持」担ぎ手による祝い唄

『長持唄(ながもちうた)』は、昔の結婚式における花嫁行列(嫁入り行列)で、長持(ながもち)の担ぎ手が歌っていた縁起の良い歌・祝い唄

「長持(ながもち)」とは、嫁入り道具を入れて運ぶ長方形の大きな箱。棹を通して前後2人で担ぎ運ぶ(嫁入り道具に限らない)。

花嫁道中 むさかり行列

長持を担ぎながら『長持唄』を歌っていたわけではなく、出発前の景気づけや休憩時、担ぎ手の交代時などに歌われていたようだ。

花嫁行列は、「花嫁道中」や「嫁入り道中」とも呼ばれるほか、東北では「むさかり道中」の名称で親しまれている。

上写真:花嫁道中「むさかり行列」(出典:岩手県一関市役所Webサイト)

写真:長持(ながもち)と担ぎ手(出典:ブログ「むしめづるかい」)

『長持唄』と題する民謡は全国に存在するが、特に、宮城県の長持唄『宮城長持唄』が有名。他にも、秋田長持唄、箪笥(たんす)長持唄、相馬長持唄、博多長持唄、佐賀箪笥長持唄などが知られている。

歌詞:宮城長持唄(一例)

ハアー 今日はナー 日も良し
ハアー 天気も良いし
結びナー合わせてヨー
ハアー 縁となるナーエー

ハアー 蝶よナー 花よとヨー
ハアー 育てた娘ー
今日はナー 晴れてのヨー
ハアー お嫁入りだーエー

ハアー さあさナー お立ちだヨー
ハアー お名残り惜しやー
今度ナー 来る時ャヨー
ハアー 孫連れてナーエー

歌詞:秋田長持唄(一例)

蝶よナーヨー花よとヨーハーヤレヤレ
育てた娘 今日はナーヨー 他人のヨー
オヤ手に渡すナーエー

さあさお立ちだ お名残おしや
今度来る時ゃ 孫つれて

傘を手に持ち さらばと言うて
重ね重ねの いとまごい

故郷恋しと 思うな娘
故郷当座の 仮の宿

箪笥長持 七棹八棹
あとの荷物は 馬で来る

歌詞:博多長持唄(一例)

千代の ナーエー
千代の松原 ヤロヤロー
月さえおぼろ
名島 ナーエー
名島名所 エー
波の上に ナーエー
(ホイホイホイ)

行こか ナーエー
行こか柳町 ヤロヤロー
戻ろか茶屋へ
ここが ナーエー
ここが思案の石堂橋 ナーエー
(ホイホイホイ)

注:博多長持歌は筥崎八幡宮の秋祭り「放生会(ほうじょうや/え)」で歌われた。

歌詞:佐賀箪笥長持唄(一例)

1.祝いなーヨ
めでたのーヨエー 
(ハァーヤロヤーローエー)
ハァー若松さまよ
枝もナァーヨ 栄えて
ハァー葉も繁るナァーヨエー
(ハァーシコイ シコイシコイ)

2.箪笥(たんす)なーヨ
長持ァ ーヨエー
(ハァーヤロヤーローエー)
ハァー七棹(ななさお)八棹(やさお)
中のナァーヨ ご衣裳は
ハァー綾錦(あやにしき)ナァーヨエー
(ハァーシコイ シコイシコイ)

関連ページ

縁起が良い 祝い民謡・おめでたい曲
福を呼び込む縁起の良い民謡・おめでたい祝い歌まとめ
ご当地ソング・都道府県別のうた
「会津磐梯山」、「草津節」、「ソーラン節」、「ちゃっきり節」など、日本全国各地の地元に根付いた地方の民謡、地名の入った歌