権兵衛が種まきゃ カラスがほじくる

三重県民謡/民話「種まき権兵衛」

「権兵衛が種まきゃ カラスがほじくる」は、三重県に伝わる民話「種まき権兵衛」の有名なフレーズ。これを元にした民謡・俗謡『ズンベラ節』の一節でも歌われる。

民話「種まき権兵衛」主人公の権兵衛は実在したとされ、出生日は不明なものの、亡くなった日は元文元年12月26日(1737年1月26日)とはっきり伝えられているのが興味深い。民話の内容については後述する。

【試聴】ズンベラ節

歌詞の一例:ズンベラ節

権兵衛が種まきゃ からすがほじくる
三度に一度は 追はずばなるまい
ずんべら すんべら ずんべら

民話「種まき権兵衛」

紀州の武家に生まれた権兵衛は、父の死後に農家となった。慣れない手つきで荒れ地を耕し始めたが、種をまくそばからカラスに食べられてしまうほどで、「権兵衛が種まきゃ カラスがほじくる」と、近所の農家の笑いものとなっていた。

それでも権兵衛は試行錯誤しながらひたむきに農業に取り組み続け、やがて村一番の農家となった。

権兵衛は狩猟が得意で、その腕前を見せてみよと、紀州藩主・徳川宗直の御前に呼び出されるほどだった。

権兵衛はこれを見事に命中させ、殿様から田を褒美にもらえることになったが、権兵衛はこれを断り、その代わりに同じ村の年貢を免じてもらい、村人から大変感謝されたという。

ある日、馬越峠(まごせとうげ)に大蛇が現れると、権兵衛は猟銃を持って大蛇を退治に出かけた。見事大蛇を仕留めたが、大蛇の毒液を浴びてしまった権兵衛は、村人の介抱もむなしく帰らぬ人となった。

関連ページ

地元の民謡・ご当地ソング
津軽じょんから節、ソーラン節、ちゃっきり節など、日本全国各地の民謡・ご当地ソング特集
カラスのうた
『七つの子』、『夕焼け小焼け』、『からすの赤ちゃん』など、カラスに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。
誰がヨナを飲み込んだ? Who did Swallow Jonah?
日本語の合唱曲「権兵衛が種まく」原曲
日本の民謡・童謡・唱歌
子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソングなど