黄金虫 こがねむし

黄金虫は金持ちだ~♪ 野口・中山コンビによる日本の童謡

『黄金虫(こがねむし)』は、野口雨情作詞、中山晋平作曲による日本の童謡・唱歌

写真:現金とネコ(出典:CASHCATS.BIZ)

メロディについては、いくつかの古いクラシック音楽の作品の中に、童謡『黄金虫(こがねむし)』とよく似たメロディが登場しており、元ネタ・原曲ではないかとネット上でその類似性が指摘されることがあるようだ。詳しくは後述する。

中山 晋平(なかやま しんぺい)とは?

中山晋平(なかやま しんぺい/1887-1952)は、長野県下高井郡日野村(現・中野市)出身の作曲家。

シャボン玉』、『証城寺の狸囃子』、『背くらべ』、『東京音頭』など、多くの傑作といわれる童謡・流行歌・新民謡などを残した。

野口雨情(のぐち うじょう)とは?

野口雨情(のぐち うじょう/1882-1945)は、茨城県多賀郡磯原町(現・北茨城市)出身の詩人、童謡・民謡の作詞家。中山晋平や本居長世と組んで多くの名作を残し、北原白秋、西条八十とともに、「童謡界の三大詩人」と謳われた。

代表作は、『七つの子』、『赤い靴』、『シャボン玉』、『証城寺の狸囃子』など。

試聴・歌詞『黄金虫 こがねむし』

黄金虫は金持ちだ
金蔵建てた蔵建てた
飴屋で水飴買つて来た

黄金虫は金持ちだ
金蔵建てた蔵建てた
子供に水飴 なめさせた

童謡『こがねむし』によく似たクラシック音楽あれこれ

童謡『黄金虫(こがねむし)』とよく似たメロディが登場するクラシック音楽はいくつかあるが、ここではネットでもよく見かける代表的な3曲をご紹介したい。

ブラームス『4つの厳粛な歌』

ヨハネス・ブラームスが晩年の1896年に作曲したバスのための歌曲。4曲から成るが、その一曲目「第1曲:人の子らに臨むところは獣にも臨むからである」冒頭で、「こがねむしーはー金持ちだー♪」が登場する。これは文句なし。

アルベニス『スペイン組曲』

アルベニスがスペインやキューバを放浪していたころの情景が描写された組曲。このうちの一曲『カタルーニャ』冒頭で、情熱的な「こがねむしーはー金持ちだー♪」が確認できる。これも文句なし。

ドヴォルザーク 交響曲第8番 解説と試聴

ボヘミア的で明るくのどかな田園的な印象が特徴の交響曲第8番。その第4楽章において、トルコ軍楽(メフテル)のリズムに乗せて、「こがねむしー♪」のフレーズが登場する。

是非とも「そっくりメロディ研究室」へ!

これらのように、クラシック音楽と日本の童謡・民謡の偶然の一致については、こちらの特集ページ「元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室」で有名どころは一通りまとめているので、是非ともお立ち寄りいただきたい。

関連ページ

元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室
一部のメロディがよく似た2曲や、カバーされた原曲・元ネタあれこれまとめ。ジャンルは歌謡曲やアニメ・ゲーム音楽など幅広く。