冬景色 ふゆげしき

日本の童謡・唱歌/さ霧消ゆる湊江の 舟に白し朝の霜

『冬景色(ふゆげしき)』は、1913年(大正2年)『尋常小学唱歌 第五学年用』が初出の文部省唱歌。

歌詞の季節は冬の初め頃、1番は水辺の朝、2番は田園の昼、3番は里の夕方が描写されている。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。

写真:静岡県・用宗(もちむね)海岸(出典:excite用宗Webサイト)

【試聴・歌詞】 冬景色

さ霧消ゆる 湊江(みなとえ)の
舟に白し 朝の霜
ただ水鳥の 声はして
いまだ覚めず 岸の家

烏(からす)啼(な)きて 木に高く
人は畑(はた)に 麦を踏む
げに小春日(こはるび)の のどけしや
かへり咲(ざき)の 花も見ゆ

嵐吹きて 雲は落ち
時雨(しぐれ)降りて 日は暮れぬ
若(も)し灯火(ともしび)の 漏れ来(こ)ずば
それと分かじ 野辺(のべ)の里

一番の歌詞の意味

「さ霧」とは、霧のこと。秋の季語。狭霧とも書く。「さ」は語調を整えるための接頭辞。「さ霧消ゆる」で秋の終わりを意味している。

「湊江(みなとえ)」とは、港になっている入江のこと。

二番の歌詞の意味

「麦を踏む」とは、秋播きの麦が発芽した後に足で踏みつける「麦踏み(むぎふみ)」のこと。写真は麦踏の様子(出典:小平ふるさと村Webサイトより)

芽を踏むことで茎の伸び過ぎを防ぎ、根の張りをよくして、より多くの実がつくようになる。11月~2月に毎月一回程度行う。

「げに」とは、「本当に、いかにも」。

「小春日(こはるび)」とは、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴れの日。冬の季語。小春日和(こはるびより)。現代の暦では11月頃になる(陰暦10月)。

「のどけし」とは、天候が穏やかでのどかな様子。

「かへり咲(ざき)」は、ツツジやサクラ、ウメなどの春の花が小春日和に誘われて時季外れに咲くこと。冬の季語。「返り咲き」、「二度咲き」、「帰り花」などと呼ばれる。

三番の歌詞の意味

「雲は落ち」は、雲が低く垂れ込めること。

「時雨(しぐれ)」は、秋の末から冬の初めごろに、降ったりやんだりする小雨。

最後の2行の意味

日暮れと悪天候で真っ暗になってしまったため、里の集落もほとんど見えず、もし家の明かりが漏れ見えていなければ、そこが集落だとは分からなかっただろう(「それと分かじ」)という意味。

関連ページ

冬の童謡・唱歌・日本のうた
『雪(ゆきやこんこ)』、『冬景色』、『たきび』など、冬を感じる日本の歌・世界の歌まとめ
カラスのうた
『七つの子』、『夕焼け小焼け』、『からすの赤ちゃん』など、カラスに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。
日本の民謡・童謡・唱歌
子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソング