冬景色 ふゆげしき

日本の童謡・唱歌/さ霧消ゆる湊江の 舟に白し朝の霜

『冬景色(ふゆげしき)』は、1913年(大正2年)『尋常小学唱歌 第五学年用』が初出の文部省唱歌。歌詞の中では、1番は水辺の朝、2番は田園の昼、3番は里の夕方が描写されている。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。

【試聴・歌詞】 冬景色

さ霧消ゆる 湊江(みなとえ)の
舟に白し 朝の霜
ただ水鳥の 声はして
いまだ覚めず 岸の家

烏(からす)啼(な)きて 木に高く
人は畑(はた)に 麦を踏む
げに小春日の のどけしや
かへり咲(ざき)の 花も見ゆ

嵐吹きて 雲は落ち
時雨(しぐれ)降りて 日は暮れぬ
若(も)し灯火(ともしび)の 漏れ来(こ)ずば
それと分かじ 野辺(のべ)の里

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴