雨(雨がふります 雨がふる)

日本の童謡・唱歌/作詞:北原白秋 作曲:弘田龍太郎

「雨がふります 雨がふる」が歌い出しの『雨(あめ)』は、作詞:北原白秋、作曲:弘田龍太郎による日本の童謡・唱歌。 1919年(大正8年)発表。

北原白秋作詞による童謡・唱歌としては、『ゆりかごのうた』、『この道』、『ちゃっきり節』、『ペチカ』などがある。

弘田 龍太郎作品としては、『鯉のぼり』、『浜千鳥』、『雀の学校』、『春よこい』、『靴が鳴る』などが有名。

日本の民謡・童謡・唱歌

【試聴】雨(あめ)

【歌詞】 雨(あめ)

雨がふります 雨がふる
遊びにゆきたし 傘はなし
紅緒(べにお)の木履(かっこ)も緒(お)が切れた

雨がふります 雨がふる
いやでもお家で 遊びましょう
千代紙(ちよがみ)おりましょう たたみましょう

雨がふります 雨がふる
けんけん小雉子(こきじ)が 今啼(な)いた
小雉子も寒かろ 寂しかろ

雨がふります 雨がふる
お人形寝かせど まだ止まぬ
お線香花火も みな焚(た)いた

雨がふります 雨がふる
昼もふるふる 夜もふる
雨がふります 雨がふる