キツネのうた 狐に関連する民謡・童謡

かわいいキツネが出てくる世界の歌まとめ

キツネが曲名や歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌、狐に関連する歌、キツネをテーマとした曲・音楽など「キツネのうた」まとめ。

タヌキが出てくる歌についてはこちらのページ「タヌキのうた たぬきに関連する民謡・童謡」をご参照いただきたい。

キツネ・タヌキ以外の動物別の歌については、こちらの目次ページ「動物のうた 動物に関連する民謡・童謡・音楽」でまとめている。

キツネのうた

こぎつね
ガチョウを盗んだ子キツネの運命とは・・・?
こぶたぬきつねこ
こぶた たぬき きつね ねこ
叱られて
夕べさみしい村はずれ こんと きつねがなきゃせぬか
お猿のかごや
2番の歌詞「お客はおしゃれの こん狐 つんとすまして 乗っている♪」
キツネ狩りの歌
ドイツ民謡。ブラームス『大学祝典序曲』でおなじみのメロディ
からすの赤ちゃん
狐の赤ちゃん なぜなくの 三日月 おばさんに
向う横丁のお稲荷さん 歌詞の意味
一銭あげて ざっとおがんで お仙の茶屋へ♪

かわいい動物のうた

動物のうた
動物のうた
動物が歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌、動物に関連する歌、動物をテーマとした曲・クラシック音楽など動物別まとめ