メキシカン・ハット・ダンス
ハラベ・タパティーオ

メキシコ歌曲・ラテンダンス/「アホの坂田」テーマ原曲

メキシコの音楽
メキシコの音楽

『メキシカン・ハット・ダンス Mexican Hat Dance』は、メキシコの伝統的なダンス。原曲名は『Jarabe Tapatio(ハラベ・タパティーオ)』。

スペイン語で「Jarabe(ハラベ)」はダンスの一種、「Tapatio(タパティーオ)」はメキシコのハリスコ州(Jalisco)を意味する。

メロディーは19世紀に作曲され、ダンスは20世紀初頭に標準的な振り付けが確立されたという。

ちなみに、日本では、メロディーの一部がキダ・タロー作曲『アホの坂田のテーマ』として広く知られている。キダ・タロー自身も『メキシカン・ハット・ダンス』からのメロディー使用を認めている。

【試聴】メキシカン・ハット・ダンス(ハラベ・タパティーオ)

【試聴】メキシカン・ハット・ダンス(ハラベ・タパティーオ)

有名なラテン音楽 解説と試聴