コンコンクシャンのうた

リスさんが マスクした ちいさい ちいさい マスクした

『コンコンクシャンのうた』は、作詞:香山美子 (作家)、作曲:湯山昭により1961年に発表された幼稚園児・保育園児向けの歌。

コンコンクシャンのうた

写真:絵本「コンコンクシャンのうた」チャイルド本社

歌詞は、リス、ツル、ブタ、カバ、ゾウといった動物たちが登場し、それぞれ個性的なマスクをして「コンコンクシャン」とくしゃみをするというシンプルな内容。

【試聴】コンコンクシャンのうた

歌詞について

参考までに、『コンコンクシャンのうた』一番の歌詞を次のとおり引用する。

りすさんが マスクした
ちいさい ちいさい
ちいさい ちいさい
マスクした
コンコンコンコン クシャン

<引用:香山美子『コンコンクシャンのうた』一番の歌詞>

この後の歌詞では、ツルは細いマスク、ブタは丸いマスク、カバは大きいマスク、そしてゾウは長いマスクをして、それぞれコンコンクシャンをくしゃみをする展開が続く。

コンコンつながりでキツネも欲しいところだが、動物の名前は歌詞の都合上2文字に制限されているようで、3文字のキツネは参加しにくいようだ(無理に歌えば歌えないことはないが)。

また、マスクの形に極端な個性を出さないと面白い歌にならないので、人気の動物であるイヌやネコは、二文字ではあるがこの歌には登場しにくそうだ。

もし個人的にイヌやネコで替え歌を作るとしたら、皆さんはどんなマスクをさせるだろいうか?他にもいろいろな動物のマスクを考えてみると面白いかもしれない。

作詞者:香山美子の有名な童謡

おはなしゆびさん
『コンコンクシャンのうた』の香山・湯山コンビによる人気の童謡
げんこつやまのたぬきさん
元々は古い日本の童謡・わらべうただが、後にNHK「おかあさんといっしょ」(1970年)で新たに歌詞とメロディーが追加された。

作曲者:湯山昭の有名な童謡

あめふりくまのこ
おやまにあめがふりました ちょろちょろおがわができました
山のワルツ
すてきな山の幼稚園 8時になると リスのぼうやがやってきます

関連ページ

リスのうた
『りす りす こりす』、『山の音楽家』、『山のワルツ』など、リスに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。
動物のうた
イヌ、ネコ、うさぎ、くまなど、可愛い動物たちが歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌、動物に関連する歌、動物をテーマとした曲・クラシック音楽など動物別まとめ