山のワルツ

すてきな山の幼稚園 8時になるとリスのぼうやがやってきます

『山のワルツ』は、作詞:香山美子、作曲:湯山 昭による日本の童謡。

歌詞では、すてきな山の幼稚園で、8時になるとリスのぼうやが、9時になるとヤギのぼうやが、10時になるとクマのぼうやがやってくる。

非常にシンプルな歌詞なので、リスやヤギ、クマ以外の他の動物に差し替えて、替え歌で歌っても楽しそうだ。8時・9時といった時間ではなく、春や夏といった季節に差し替えても面白いかもしれない。

「ロン リムリム ロン ラムラム」といった謎の言葉は、ロシア民謡に出てくる「トゥリャ トゥリャ トゥリャ」のようにおそらく意味のない囃子詞(はやしことば)ではあるが、この『山のワルツ』では、ワルツのリズムとメルヘンの世界を表現するのに非常に効果的に用いられている。

ちなみに、作曲者の湯山 昭による他の有名な童謡としては、『あめふりくまのこ』、『おはなしゆびさん』も広く親しまれている。

【試聴】山のワルツ 小鳩くるみ

かわいい動物のうた

リスのうた
『りす りす こりす』、『山の音楽家』、『山のワルツ』など、リスに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。
くまのうた
『森のくまさん』、『しろくまのジェンカ』、『あめふりくまのこ』、『こぐまの二月』、『むっくりクマさん』
ヤギのうた
『やぎさんゆうびん』、『鐘の鳴る丘(とんがり帽子)』、『ピクニック』
動物のうた
イヌ、ネコ、うさぎ、くまなど、可愛い動物たちが歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌、動物に関連する歌、動物をテーマとした曲・クラシック音楽など動物別まとめ