Hey Diddle Diddle
ヘイ・ディドル・ディドル

ネコがフィドルを弾いて、お皿とスプーンが逃げ出した?!

『Hey Diddle Diddle』は、英米でポピュラーなナーサリーライム(マザーグース)。

歌詞の内容は、ネコがフィドルを弾いて、牛が月を飛び越え、それを見て笑う子犬、そしてお皿がスプーンと一緒に逃げ出すというナンセンスなもの。

歌詞は何を意味するのか?

これらのキャラクターが何を意味するのかについては諸説あるようだが、中でも「4月の星座説」が興味深い。

星座説によれば、ネコはしし座(獅子座)、フィドルはこと座(琴座)、牛はおうし座(牡牛座)、小犬はこいぬ座(小犬座)を暗示しているとのこと。

スプーンは北斗七星?

、そして、お皿はコップ座(Crater)、そしてスプーンはおおぐま座(大熊座)。おおぐま座のシッポの部分は、日本では「北斗七星」と呼ばれ、様々な文明でひしゃくやスプーンに見立てられてきた。

これらの星座が夜空に一堂に会するのは4月のみ。昔のイギリスにおいて、種まきの時期など農作物の生育に関する教えが歌詞に隠されているというのだが、意外に説得力があって面白い説だ。

【試聴】ヘイ・ディドル・ディドル Hey Diddle Diddle

<歌詞・日本語訳>

Hey diddle diddle,
The cat and the fiddle,
The cow jumped over the moon.
The little dog laughed to see such fun,
And the dish ran away with the spoon.

ヘイ・ディドル・ディドル
ネコがフィドルを弾いて
ウシが月を飛びこえた
それ見た子犬が大笑い
お皿とスプーンが逃げ出した

マザーグース・子供向けの英語の歌