ホール・ニュー・ワールド 歌詞の意味・和訳

ディズニー映画「アラジン Aladdin」主題歌

『ホール・ニュー・ワールド』(A Whole New World)は、1992年に公開されたディズニー映画「アラジン Aladdin」主題歌。

アメリカのR&B歌手レジーナ・ベル(Regina Belle/1963-)とピーボ・ブライソン(Robert Peabo Bryson/1951-)のデュエットで、同年にシングルがリリースされた。

アラジン ディズニー Blu-ray

ジャケット写真:アラジン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

同曲は、主人公のアラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんに乗って世界中を旅するときに歌われる印象深いメインテーマ曲。映画自体の人気も相まって、ディズニー映画に関連する楽曲の中で、史上初めてアメリカ総合チャートで首位を獲得した大ヒット曲となった。

1992年のゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞、続くアカデミー賞では歌曲賞を受賞、そして1994年のグラミー賞では最優秀楽曲賞を受賞するなど、映画主題歌が獲得しうる数々の名誉ある賞を総ナメにした。

【YouTube】 A Whole New World ホール・ニュー・ワールド

歌詞の意味・和訳(意訳)

『A Whole New World』

歌:レジーナ・ベル(Regina Belle/1963-)/ピーボ・ブライソン(Robert Peabo Bryson/1951-)

注:劇中版とシングル版の歌詞は若干異なる。以下の歌詞はシングル版。

I can show you the world
Shining, shimmering, splendid
Tell me, princess, now when did
You last let your heart decide?

世界を見せてあげる
輝き きらめき 華麗な光景を
教えてよ プリンセス
いつだったのか
君が心のままに決めたのは

I can open your eyes
Take you wonder by wonder
Over, sideways and under
On a magic carpet ride

目を覚まさせてあげる
君を次々と驚かせよう
縦横無尽に
魔法のじゅうたんに乗って

A whole new world
A new fantastic point of view
No one to tell us no or where to go
Or say we're only dreaming

全く新しい世界
新たな素晴らしい視点
ダメだとか ここへ行けとか
誰にも言われることはない
夢を見てるだけだなんてことも

A whole new world
A dazzling place I never knew
But now from way up here, it's crystal clear
That now I'm in a whole new world with you

全く新しい世界
全然知らなかった眩しい場所
でも今ここからなら はっきりと分かる
私は今 全く新しい世界にいる
あなたと一緒に

Unbelievable sights
Indescribable feelings
Soaring, tumbling, freewheeling
Through an endless diamond sky

信じられない眺め
言葉にできない気持ち
舞い上がり 宙返りして
自由に飛ぶの
果てしなく続くダイヤのような空を

A whole new world
(Don't you dare close your eyes)
A hundred thousand things to see
(Hold your breath, it gets better)

全く新しい世界
(目を閉じちゃダメだよ)
見るものがたくさんあるの
(息を止めてみて 気分がよくなるよ)

I'm like a shooting star
I've come so far
I can't go back
To where I used to be

まるで流れ星
こんなに遠くに来てる
もう戻れない
元の場所には

A whole new world
With new horizons to pursue
I'll chase them anywhere
There's time to spare
Let me share this
whole new world with you

全く新しい世界
新たな地平を追いかけて
どこまでも行こう
時間はいくらでもある
二人で分かち合おう
この全く新しい世界を

A whole new world
A new fantastic point of view
No one to tell us no or where to go
Or say we're only dreaming

全く新しい世界
新たな素晴らしい視点
ダメだとか ここへ行けとか
誰にも言われることはない
夢を見てるだけだなんてことも

A whole new world
(Every turn a surprise)
With new horizons to pursue
(Every moment, red letter)

全く新しい世界
(驚くことばかり)
新たな地平線を追いかけて
(全ての瞬間が 記念すべき時)

I'll chase them anywhere
There's time to spare
Anywhere, there's time to spare
Let me share this
whole new world with you

どこまでも行こう
時間はいくらでもある
二人で分かち合おう
この全く新しい世界を

A whole new world
That's where we'll be
A thrilling chase
A wondrous place
For you and me

全く新しい世界
それは僕らが生きる場所
心躍らせ 追い求めよう
素晴らしい場所を
君と僕のための

作曲は「美女と野獣」のアラン・メンケン

作曲者は、ディズニー映画「リトル・マーメイド」、「美女と野獣」サントラを手掛け、この2作いずれもアカデミー作曲賞・歌曲賞を受賞しているアラン・メンケン(Alan Menken/1949-)。「アラジン」主題歌『ホール・ニュー・ワールド A Whole New World』でのアカデミー賞受賞は、ディズニー映画では3作目となる。

作詞については、当初の予定では、アラン・メンケンとのコンビで「美女と野獣」主題歌も手掛けたハワード・アッシュマン(Howard Ashman/1950-1991)が引き続き担当する予定だった。

しかし、彼が1991年に病死してしまったため、後任としてイギリスの作詞家ティム・ライス (Sir Timothy Miles Bindon "Tim" Rice/1944-)が歌詞を担当することとなった。

ちなみにティム・ライスは、映画「アラジン」から2年後のディズニー映画「ライオン・キング The Lion King』において、エルトン・ジョンが歌った主題曲『愛を感じて Can You Feel the Love Tonight』の作詞も手掛け、1994年のゴールデングローブ賞 歌曲賞、およびアカデミー賞 主題歌賞を受賞している。

関連ページ

ディズニー名曲 歌詞の意味・和訳
ディズニー名曲の歌詞の意味・和訳・YouTube動画まとめ
キッズソング・マザーグース・子供向けの英語の歌
『ハンプティ・ダンプティ』、『ビンゴの歌』、『バスの歌』、『パフ』など、子供向けの英語の歌・キッズソング特集