On Eagle's Wings
オン・イーグルズ・ウィング

クリスチャンソング/汝は鷲の翼の上に導かれ 神の御手に抱かれる

『On Eagle's Wings オン・イーグルズ・ウィング(鷲の翼の上に)』は、1979年にアメリカで発表されたコンテンポラリー・クリスチャンソング(カトリック系)。

発表直後から高い人気を博し、カトリックのミサだけでなくプロテスタントの典礼においても歌われる機会がある。特にローマ・カトリックにおける告別ミサでは儀式の最初や最後にこの『On Eagle's Wings』がよく歌われるという。

作曲者は、牧師で神学者のマイケル・ジョンカス(Jan Michael Joncas/1951-)。『On Eagle's Wings』は彼にとって最大のヒット曲となり、以後アメリカ国内での告別式・追悼セレモニーなどで頻繁に用いられる代表曲となった。

コーラス部分の歌詞は次のとおり。魂が昇天し神の御手に抱かれる様子が歌われており、死者の魂を弔う告別式や追悼行事の曲としては最適だろう。

And He will raise you up on eagle's wings,
Bear you on the breath of dawn,
Make you to shine like the sun,
And hold you in the palm of His Hand.

汝は空高く鷲の翼の上に導かれ
夜明けの刹那に太陽の如く輝き
神の御手に抱かれる

歌詞は旧約聖書から

『On Eagle's Wings』の歌詞の内容は、クリスチャンソングであることからキリスト教的なテーマが歌に盛り込まれており、旧約聖書の一つ「詩篇(詩編)」第91篇やイザヤ書第40章31節などの内容がゆるやかに取り入れられている。

タイトルにもある「ワシ(eagle)」はキリスト教においては神の暗喩として用いられ、中世の美術作品にはキリストの昇天とその玉座を暗示する図像としてワシが描かれるケースがよく見られる。復活したキリストの持物(アトリビュート)としても確認される。

なお、旧約聖書のイザヤ書に基づいて歌詞がつけられた有名な歌としては、『On Eagle's Wings』のほかにも、フォークダンスの曲として知られる『マイム・マイム』や、映画主題歌として大ヒットしたベン・E・キング『スタンド・バイ・ミー STAND BY ME』などがよく知られている。

ドラクエ2エンディングとそっくり?

昔ファミコンゲームをよくやっていた世代の方にとっては、『On Eagle's Wings』のメロディを聞くと、どうしてもドラクエ2エンディングテーマ曲『この道わが旅』を思い出してしまう、というケースが少なくないのではないだろうか?

こちらのページ「『この道わが旅』 ドラクエ2 エンディングテーマ曲」で『この道わが旅』の視聴ができるので、昔を懐かしみながら、この2曲を比較して試聴してしてほしい。

【関連ページ】 賛美歌・聖歌・クリスチャンソング

【試聴】On Eagle's Wings オン・イーグルズ・ウィング

関連ページ

有名な讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『主よ御許に近づかん』、『アメイジンググレイス』、『アヴェマリア』など、映画やテレビ、結婚式や教会でよく流れる有名な讃美歌・聖歌の解説と視聴