The Lord into His Garden Comes
Garden Hymn 讃美歌・聖歌

日本の歌謡曲『真白き富士の根(七里ヶ浜の哀歌)』原曲

『Garden Hymn』(ガーデン・ヒム)は、1835年にアメリカ南部で刊行された賛美歌集「サザン・ハーモニー Southern Harmony」に収録された讃美歌

冒頭の歌詞から『The Lord into His Garden Comes』(ザ・ロード・イントゥ・ヒズ・ガーデン・カムズ)とも題される。

日本の歌謡曲『真白き富士の根(七里ヶ浜の哀歌)』原曲として知られている。

写真:マドンナ・リリー(出典:The Emilie Loring Collection)

『Garden Hymn』の原曲は、1805年にジェレマイア・インガルス(Jeremiah Ingalls/ 1764-1828)が刊行した白人霊歌集「クリスチャン・ハーモニー Christian Harmony』に収録された『Love Divine』と考えられている。

『Love Divine』の作曲者については、一般的には編者のジェレマイア・インガルスが作者として挙げられることが多いようだ(異説あり)。

【試聴】The Garden Hymn | David Music

【試聴】 Garden Hymn - Second Ireland Sacred Harp Convention, 2012

【試聴】The Garden Hymn (Southern Harmony #90)

【試聴】Douglas E. Wagner — The Garden Hymn (2013) for organ

歌詞の一例・日本語訳(意訳)

The Lord into his garden comes;
The spices yield a rich perfume;
The lilies grow and thrive,
The lilies grow and thrive.

主が庭に来りて 香り満ちる
ユリは育ち 咲き乱れる

Refreshing showers of grace divine,
From Jesus flow to every vine
And make the dead revive,
And make the dead revive.

神の恵みが降り注ぎ 死者をも蘇らせる

関連ページ

真白き富士の根(七里ヶ浜の哀歌)
アメリカの讃美歌を原曲に用いた転覆事故の鎮魂歌
有名な讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『主よ御許に近づかん』、『アメイジンググレイス』、『アヴェマリア』など、映画やテレビ、結婚式や教会でよく流れる有名な讃美歌・聖歌まとめ