大きな古時計 続編
Sequel to "Grandfather's Clock"

大きな古時計の謎 Grandfather's Clock

ピアノピース377 大きな古時計 by平井堅 (楽譜)

『大きな古時計 続編』は、19世紀アメリカで活躍した作曲家ヘンリー・ワークによる1878年発表の歌曲。

タイトルの文字通り、2年前の1876年にリリースされたアメリカ歌曲『大きな古時計』の続編にあたる。

大きな古時計がガラクタ扱いで売られてゆく!

『大きな古時計 続編』では、おじいさんが生前大切にしていたあの大きな古時計が、なんとガラクタ扱いで売り払われ、バラバラに解体されてしまうというショッキングなストーリーが展開される。

その様子を見ていたおじいさんの孫は、ただただ嘆くばかり。家には新しい小型の掛け時計もやってきた。やはり時代の流れには逆らえないということか・・・

【関連ページ】 大きな古時計はこうして生まれた

【関連ページ】 今はもう動かない・・・大きな古時計特集

【関連ページ】 アメリカ民謡・歌曲特集へ

【試聴】大きな古時計 続編

歌詞・日本語訳

1.
Once again have I roamed
thro' the old-fashioned house,
Where my grandfather spent his ninety years.
There are strangers in charge,
and the change they have wrought
Oh! it saddens me, even to tears.

1、
もう一度あの古めかしい家の中をぶらついてみたんだ
私のおじいさんが90年間過ごしたあの古びた家さ
そしたら何か知らない奴が管理していて、
そいつらが変えてしまったことといったらもう
悲しくなって涙さえ出そうになったよ

Dear old clock! when they found
you were speechless from grief,
Then they went and swapped you off, case and all.

愛しい古時計よ!
おじいさんを失くした悲しみに暮れるお前を
やつらは何もかもすべて売り払ってしまうつもりなんだ

For that vain, stuck-up thing
(tick, tick, tick, tick, tick, tick, tick, tick),
For that vain, stuck-up thing on the wall.

Chorus
Grandfather sleeps in his grave;
Strange steps resound in the hall!

<コーラス>
墓の中で眠るおじいさん
広間で鳴り響く変な足音

And there's that vain, stuck-up thing
(tick, tick, tick, tick, tick, tick, tick, tick),
There's that vain, stuck-up thing on the wall.

素っ気なくお高くとまった妙な奴
新しい時計が壁に掛かっている

2.
While we talked of the old clock they all ran it down.
Tho' they claimed that it couldn't be made to run.

It was useless they said-- it was quite out of style;
Built, no doubt, just about the year One.

And the words echoed round, with a faint, mocking sound,
As if some one gave assent to it all;


古時計について話している間中ずっと
やつら全員が時計をけなしていた
その古時計は役立たずで時代遅れ
疑う余地なく古臭い時計だと
バカにするような奴らの失礼な言葉
まるで皆がそう思っているかのように

3.
From the clock-peddler's cart in the junk-shop it went,
Where its cog-wheels were sundered one be one;

And the brass-founder joked as they writhed in the flames--
"Melt'em up," says he; "then they will run."

There is grief in my heart, there are tears in my eyes.
Yet indignantly the sight I recall

Of that vain, stuck-up thing
(tick, tick, tick, tick, tick, tick, tick, tick),
For that vain, stuck-up thing on the wall.

Repeat Chorus


おじいさんの古時計は
時計商人の荷車に乗せられた
がらくた屋に持ち込まれ
歯車ひとつひとつバラバラに解体された
「炎の中でまるで悶え苦しんでいるようだった」
真鍮の鋳物師が冗談を言っていた
「溶けてしまえば動くようになるさ」
彼は続けた
胸の内には深い悲しみ、瞳には涙
見た目は憤然としていたように見えただろうけど

4.
"An extremely hard case!" said the junk-dealer's wife,
As she carried it for kindling wood and sighed--

That mahogany case, with its quaint, figured face,
Which so long was my grandfather's pride.

"There is hope for the small; there's a change for us all;
For the mighty ones of Time, they must fall!"

Says that vain, stuck-up thing
(tick, tick, tick, tick, tick, tick, tick, tick),
Says that vain, stuck-up thing on the wall.

Repeat Chorus


「なんて堅いケースなの!」
ガラクタ商人の妻が言った
焚き付け用の木材にするために
彼女がケースを運んでいったんだ
優美な装飾を施されたマホガニーのケースは
長い間私の祖父の誇りでもあった
小型の新しい時計には希望があり
私達に変化をもたらしている
強大な時の流れには逆らえないということか

【関連ページ】 大きな古時計はこうして生まれた

【関連ページ】 今はもう動かない・・・大きな古時計特集

【関連ページ】 アメリカ民謡・歌曲特集へ