白いリボンとリンゴの木?
1959年の書籍中のストーリー

黄色いリボンの謎 ドナドナ研究室

刑務所から出所したばかりの青年が故郷の町へ帰っていき、木に縛り付けられた布切れを歓迎の意思表示として用いるというこのストーリーは、上述の裁判でもあったように、ピート・ハミルのコラムよりも更に昔にさかのぼることができるようです。

その一つの資料として、アメリカ国立図書館アメリカフォークライフセンターの記事を引用し、日本語訳をご紹介します。

該当記事の日本語訳(意訳)

汽車の中で、ある二人の男が知り合いになった。一方の男は控えめな性格だったため、彼自身について語らせるのに大変苦労したが、その男は、故郷から遠く離れた刑務所での5年の服役を終えて家に帰る途中とのことだった。

彼の友人達は貧しくて彼に面会に来たことは一度もなく、また彼の友人らは文盲であったため、その男は友人らに自分の出所を知らせるサインを手紙で送っていた。

その手紙の中で、もし友人らが彼の帰りを望んでいたら、線路沿いの庭の端の大きなリンゴの木に白いリボンを結びつけておくようにと頼んでおいた。

もし友人らが彼の帰りを望まない場合、彼は電車に乗り続け、どこか他の町で生活を送ることになる。故郷が近づいてきたが、彼はとてもリンゴの木を見る事ができなかった。汽車で知り合った男に、代わりに窓沿いに座ってもらい、リンゴの木の様子を見てもらう事にした。

リンゴの木を見ていた男は、しばらくして叫んだ。

「あったぞ!」「やったぞ!木全体が白いリボンだらけだ!」

補足

このストーリーは、1959年に刑務所改革について書かれた「Star Wormwood」の中の一節のようで、著者であるペンシルバニア州の有名な法律家Curtis Bokによれば、彼は州刑務所の刑務所長であるKenyon J. Scudderから伝え聞いたようでした。

ピート・ハミルやIrwin Levineと L. Russell Brownらによるストーリーと比べると、肝心の「黄色いリボン」「黄色いハンカチ」が「白いリボン」となっていたり、バスが汽車になっていたり、「oak tree(オークの木)」が「big apple tree(リンゴの木)」になっていたりする点が異なっており、非常に興味深いです。

おそらく、伝言ゲームのように人から人へ伝えられていく間に、その話の一部が時代や環境によって微妙に変化していった結果であると思われます。

【次のページ】 7.放蕩息子の帰郷

参考:アメリカ・フォークライフ・センターの記事 原文

It is the story of two men in a railroad train. One was so reserved that his companion had difficulty in persuading him to talk about himself.

He was, he said at length, a convict returning from five years' imprisonment in a distant prison, but his people were too poor to visit him and were too uneducated to be very articulate on paper.

Hence he had written to them to make a sign for him when he was released and came home.

If they wanted him, they should put a white ribbon in the big apple tree which stood close to the railroad track at the bottom of the garden, and he would get off the train, but if they did not want him, they were to do nothing and he would stay on the train and seek a new life elsewhere.

He said that they were nearing his home town and that he couldn't bear to look. His new friend said that he would look and took his place by the window to watch for the apple tree which the other had described to him.

In a minute he put a hand on his companion's arm. "There it is," he cried. "It's all right! The whole tree is white with ribbons."

黄色いリボンの謎 目次

  1. 高倉健「幸せの黄色いハンカチ」
  2. オークの木と黄色いリボン
  3. バスに乗って恋人の元へ
  4. 黄色いリボンの意味の違い
  5. 有名コラムニストの記事
  6. 白いリボンとリンゴの木?
  7. 放蕩息子の帰郷
  8. ジョン・ウェイン「黄色いリボン」
  9. 身に着けるか結びつけるか
  10. 1939年の音声資料とは?
  11. 騎兵の歌と黄色の関係とは?
  12. メロディーのルーツを求めて

【関連曲の試聴など】

アメリカ民謡『黄色いリボン She Wore a Yellow Ribbon』

トニー・オーランド&ドーン 『Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree』

【ドナドナ研究室とは?】

「ドナドナ研究室」とは、『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『グリーングリーン』、『ドナドナ』など、誰もが知ってるあの曲のエピソード・ルーツ・歴史的背景などの謎に迫る研究ページ。

「ドナドナ研究室」トップページへドナドナ研究室