黄色いリボンの謎 ドナドナ研究室

高倉健「幸福の黄色いハンカチ」感動のラストシーン

皆さんは、『幸福の黄色いハンカチ』(松竹)という邦画をご存知でしょうか?70年代の映画ですから、必ずしも劇場に足を運んで見た人ばかりではないでしょう。この作品は、『たそがれ清兵衛』、『男はつらいよ』などでも有名な山田洋次監督による1977年発表の名作です。

この『幸福の黄色いハンカチ』は、刑期を終えて網走の刑務所から出所したばかりの雄作(高倉健)が、行きずりの若いカップルとともに妻の光枝(倍賞千恵子)の住む夕張へ向かう姿を描いたロード・ムービーです。

“自分を待っていてくれるなら、家の前に黄色いハンカチを下げおいてくれ”

と妻に言い残した雄作でしたが、この「黄色いハンカチ」こそが、この映画の最大のシンボルであり、感動のラストシーンを演出するのになくてはならないものとなっています。

おそらく、日本において「黄色いハンカチ」が愛する人の帰りを待つシンボルとして位置づけられるようになったのは、この作品が公開されてから後のことだと思われます。

山田洋次監督が感じた違和感とは?

2004年頃、この「黄色いハンカチ(リボン)」が、イラク復興支援のための自衛隊派遣との関連でクローズアップされたことがありました。

自衛官の方々の現地での安全と活動の成功そして無事の帰還を願って「黄色いリボン」「黄色いハンカチ」を目立つところに掲げる運動が、日本各地において広まりを見せたというのです。

山田洋次監督は、イラク自衛隊派遣との関連でこのような運動が広まったことを受けて、

「映画のハンカチは夫婦愛の証し。戦争に行く兵士の無事を願うこととは本質的に違う」

と、強い違和感を示したようです。

確かに、映画のストーリーとはほとんど共通点のないイラク自衛隊派遣について黄色いハンカチが用いられるのは、山田洋次監督としては心外かもしれませんが、「愛する人の帰りを待つ」という点においては、両者には共通点がないとも言い切れません。

果たして、刑務所からの出所を待つという点と、戦場からの帰還を待つという点とは、どのような接点をもっているのでしょうか?

これを明らかにしていくためには、『幸福の黄色いハンカチ』の原作、そしてアメリカ民謡「She wore a yellow ribbon」のルーツを探っていく必要があります。さっそく、「ドナドナ研究室 黄色いリボン」、スタートです。

【次のページ】 2.オークの木と黄色いリボン

黄色いリボンの謎 目次

  1. 高倉健「幸せの黄色いハンカチ」
  2. オークの木と黄色いリボン
  3. バスに乗って恋人の元へ
  4. 黄色いリボンの意味の違い
  5. 有名コラムニストの記事
  6. 白いリボンとリンゴの木?
  7. 放蕩息子の帰郷
  8. ジョン・ウェイン「黄色いリボン」
  9. 身に着けるか結びつけるか
  10. 1939年の音声資料とは?
  11. 騎兵の歌と黄色の関係とは?
  12. メロディーのルーツを求めて

【関連曲の試聴など】

アメリカ民謡『黄色いリボン She Wore a Yellow Ribbon』

トニー・オーランド&ドーン 『Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree』

【ドナドナ研究室とは?】

「ドナドナ研究室」とは、『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『グリーングリーン』、『ドナドナ』など、誰もが知ってるあの曲のエピソード・ルーツ・歴史的背景などの謎に迫る研究ページ。

ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探るドナドナ研究室