ワーグナーの有名な曲・代表曲 解説と試聴

リヒャルト・ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner/1813-1883)

ワーグナー
結婚行進曲
歌劇『ローエングリン(Lohengrin)』の劇中歌。10世紀前半のアントワープが舞台のロマンティック・オペラ。
ワルキューレの騎行
楽劇 『ニーベルングの指輪』の第一夜 楽劇『ワルキューレ』の第三幕の前奏曲。『ワルキューレ』とは、北欧神話に登場する複数の半神を指し、「戦死者を選ぶ者」という意味を持つ。
タンホイザー序曲
歌劇「タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦」で演奏される序曲。歌劇の舞台は13世紀初頭、テューリンゲンのヴァルトブルク城。官能と快楽の世界に溺れた中世の騎士タンホイザーの波乱に満ちた人生を描く。
『巡礼の合唱』 歌劇「タンホイザー」より
領主に追放されヴァルトブルク城を去った中世の騎士タンホイザー
大行進曲『歌の殿堂をたたえよう』 歌劇「タンホイザー」より
歌劇「タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦」で演奏される行進曲。歌合戦の舞台へ歌い手達が続々と入場を始める場面で流れ、出場者全員により合唱される。
ニュルンベルクのマイスタージンガー 第1幕への前奏曲
楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』は、16世紀中ごろのドイツ、バイエルン州の都市ニュルンベルクが舞台。当時のニュルンベルクでは手工業が発達し、各手工業の代表者たちが芸術(歌唱)に携わり、マイスタージンガー(親方歌手)と呼ばれていた。

関連ページ

有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
ドイツの有名な作曲家(クラシック音楽)
J.S.バッハ、ベートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーン、ワーグナー、シューマンなど、ドイツを代表するクラシック音楽の有名な作曲家まとめ