『動物の謝肉祭』より「白鳥」

サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns/1835-1921)

『白鳥』は、フランスの作曲家サン=サーンスによる組曲『動物の謝肉祭』の一曲。チェロ独奏曲として有名。

『動物の謝肉祭』は、1886年に初演された全部で14曲から成る組曲。白鳥、亀、ゾウ、カンガルーなど、様々な動物が描写されている。

多くの楽曲をパロディにして、時折それらを皮肉っていることなどから、生前にこの曲が一般に発表されることはなかったという。

『動物の謝肉祭』より 『水族館』

バレエ『瀕死の白鳥』のBGMにも

サン=サーンス『白鳥』は、比較的短いバレエ作品『瀕死の白鳥』のバックミュージックとしても知られている。『瀕死の白鳥』は、ロシアのミハイル・フォーキンが1905年にアンナ・パヴロワのために振り付けたという。

【試聴】サン=サーンス 『動物の謝肉祭』より「白鳥」

関連ページ

サン=サーンスの有名な曲・代表曲
『動物の謝肉祭』、『サムソンとデリラ』、『交響曲第3番』など、フランスの作曲家サン=サーンスの有名な楽曲まとめ
チェロの有名な曲・名曲
チェロのために作曲された作品や、チェロが活躍する楽曲など、チェロに関連するクラシック音楽の有名な曲・名曲まとめ。
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴