瀕死の白鳥 The Dying Swan

ロシアのバレリーナ アンナ・パヴロワのために振付けられたバレエ小品

瀕死の白鳥を踊るアンナ・パヴロワ
瀕死の白鳥を踊るアンナ・パヴロワ

『瀕死の白鳥』は、ロシアのミハイル・フォーキンが1905年にアンナ・パヴロワのために振り付けたバレエ作品

音楽は、フランスの作曲家サン=サーンスによる組曲『動物の謝肉祭』の『白鳥』が用いられている。

ミハイル・フォーキンは、サンクトペテルブルク出身のバレエダンサー・振付師。「レ・シルフィード」、「火の鳥」、「バラの精」、「ペトルーシュカ」といった傑作を生み出した。

バレリーナ アンナ・パヴロワとは?

アンナ・パヴロワ(Anna Pavlova/1881-1931)は、20世紀初頭のロシアを代表するバレリーナ。

18歳で1899年にサンクトペテルブルクバレエ団(現マリインスキー・バレエ)に入団し、「ジゼル」のタイトルロールで大成功を収めた。

ロシア革命の騒乱を逃れて1912年にイギリスのロンドンに移住。その後は自前のバレエ団を結成し、世界中で活躍した。

ツアー中にオランダのデン・ハーグで胸膜炎のために急死。彼女の名を汚さぬよう、「瀕死の白鳥」は以後20年間、誰も踊ることがなかったという。

【関連ページ】 『動物の謝肉祭』より 『白鳥』

【試聴】瀕死の白鳥 The Dying Swan

有名なバレエ音楽・バレエ作品