恋とはどんなものかしら
歌劇『フィガロの結婚』より

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart/1756–1791)

『恋とはどんなものかしら(Voi, Che Sapete)』は、モーツァルト作曲の歌劇『フィガロの結婚(Le Nozze di Figaro, K.492)』の劇中歌。1786年5月1日にウィーンのブルク劇場で初演された。

歌劇『フィガロの結婚』のストーリーは、貴族に仕える家臣フィガロの結婚式をめぐる事件を通じて、封建的な貴族を痛烈に批判する内容。

このため、皇帝のお膝元ウィーンでの初演はあまり評判が良くなかったという。その後、当時オーストリア領だったボヘミア(現在のチェコ)の首都プラハの歌劇場では大ヒットを記録した。

序曲は流麗かつ華麗な曲調で、現代ではモーツァルトの序曲の中で一・二を争うほどの人気があり、コンサートでは序曲単独で演奏されることも多い。2006年のニューイヤーコンサートではモーツァルト生誕250周年記念の特例として演奏された。

オペラ・歌劇特集へ

【試聴】恋とはどんなものかしら 歌劇『フィガロの結婚』より

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴