フィガロの結婚 序曲

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart/1756–1791)

『フィガロの結婚 序曲』は、モーツァルト作曲の同名のオペラ(歌劇)で演奏される、現代でも人気の高い序曲

流麗かつ華麗な曲調で、現代ではモーツァルトの序曲の中で一・二を争うほどの人気があり、コンサートでは序曲単独で演奏されることも多い。

2006年のニューイヤーコンサートでは、モーツァルト生誕250周年記念の特例として演奏された。

なお、同オペラの楽曲としては、第二幕でケルビーノが歌う劇中歌『恋とはどんなものかしら』も有名。

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」
ジュリーニの「フィガロ」(59年),名盤が廉価で登場。タッディ,モッフォ,シュワルツコップら今では羨むべき歌手が目白押し。しかも彼らが最も脂ののった時期の演奏。

【試聴】Mozart - Marriage Of Figaro - Overture

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴