スペイン奇想曲
Capriccio Espagnol, Op. 34

リムスキー・コルサコフ (Rimsky-Korsakov/1844-1908)

『スペイン奇想曲』は、リムスキー=コルサコフが1887年に作曲した管弦楽作品。1887年ペテルブルクで初演。

最初はヴァイオリンのための曲にする予定であったが、途中で作曲者が意思を変更し、結局管弦楽曲になってしまったという逸話が残っている。

写真:スペイン アストゥリアス州クディレロの村

スペイン奇想曲 楽章構成

1. アルボラーダ(アストゥリアの舞曲)Alborada
2 .変奏曲 Variazioni
3. アルボラーダ Alborada
4. シェーナとジプシーの歌 Scena e canto gitano
5. アストゥリアのファンダンゴ Fandango astur

アストゥリアとは、スペイン・イベリア半島最北部の海に面したアストゥリアス州一帯のこと。

アストゥリアスに関連したクラシック音楽としては、スペインの作曲家アルベニスによる『スペイン組曲』第5曲目の『アストゥリアス Asturias』も広く知られている。

【試聴】コルサコフ 『スペイン奇想曲』 Capriccio Espagnol, Op. 34

関連ページ

コルサコフの有名な曲・代表曲
『シェエラザード(シェヘラザード)』、『スペイン奇想曲』、『熊蜂の飛行』など、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフによる有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
クラリネットの有名な曲・名曲
クラリネットのために作曲された作品や、クラリネットが活躍する楽曲など、クラリネットに関連するクラシック音楽の有名な曲・名曲まとめ。
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴