ショパン遺作集「17の歌曲」第2曲『春』

フレデリック・ショパン(Frederic Francois Chopin/1810-1849)

ショパン『春 ト短調』(遺作74-2)は、没後の1968年に出版された遺作集「17の歌曲」より第2曲。作曲は1838年。

歌曲版の同曲をショパン自身がピアノ独奏ヴァージョンに改作している。また、フランツ・リストによるピアノ独奏版も存在する。

写真:ショパンの故郷ワルシャワ旧市街広場

ショパン:12の練習曲 作品10/作品25

【楽譜】 ショパン ピアノ遺作集収録曲:『春 Op.74-2』、『パガニーニの思い出』、『アレグレット&マズール』、『カンタービレ』、『葬送行進曲』、『ヘクサメロン変奏曲』など。

【試聴】'Wiosna' - Spring (aus op. 74 No 2) - Chopin

【試聴】Chopin: Songs (Piesni), Spring (Wiosna) [Op. 74 No 2]

関連ページ

ショパンの有名な曲・代表曲
『幻想即興曲』、『ノクターン』、『別れの曲』など、フレデリック・ショパンのショパンの有名な曲・代表曲まとめとYouTube動画の試聴