ノクターン(夜想曲)第1番

ショパン/Nocturne No. 1, Op. 9-1

『ノクターン(夜想曲)第1番 変ロ短調 作品9-1』は、ショパンによる1831年作曲のピアノ作品。翌1832年に出版された。

数あるショパンのノクターン(夜想曲)の中で、『第1番(作品9-1)』、『第2番(作品9-2)』及び『第3番(作品9-3)』の3作品は、ほぼ同時期に作曲されたもの。

これら3作品は、プレイエル社の社長カミーユ・プレイエルの夫人マリーに献呈されている。

ショパンが生涯愛用したプレイエルとは?

プレイエルはショパンが生涯愛用していたピアノのメーカー。プレイエル社は、オーストリア出身の作曲家イグナツ・プレイエル(Ignace Pleyel/1757–1831)によって1807年に創業された。1813年には、息子カミーユ・プレイエル(Camille Pleyel)が経営権を引き継いだ。

カミーユ・プレイエルは、1831年にパリにやって来たショパンの才能をいち早く見出した人物として知られる。ショパンがパリで行なった公式のコンサートは全て、カミーユ・プレイエルの経営するコンサートホール「サル・プレイエル(Salle Pleyel)」で行われたという。

【楽譜】 ショパン ノクターン集の楽譜を探す

【試聴】ノクターン(夜想曲) 第1番

ショパン エチュード・ノクターン特集

ショパン:夜想曲全集

ショパン:12の練習曲 作品10/作品25クラシックCD史上最も完全無欠な演奏のひとつとして知られる超名盤。徹底した超絶テクニック、さらに音楽表現にも優れた20世紀を代表する名録音です。