ノクターン(夜想曲)第2番

ショパン/Nocturne No.2, Op.9-2

『ノクターン(夜想曲)第2番 変ホ長調 作品9-2』は、ショパンによる1831年作曲のピアノ作品。翌1832年に出版された。

1956年のアメリカ映画『愛情物語』でも用いられ一層人気を博したほか、日本のアニメやゲームにも度々使われ、ショパンのノクターン作品の中でも特に知名度が高いように思われる。

数あるショパンのノクターン(夜想曲)の中で、『第1番(作品9-1)』、『第2番(作品9-2)』及び『第3番作(作品9-3)』の3作品は、ほぼ同時期に作曲されたもの。

これら3作品は、プレイエル社の社長カミーユ・プレイエルの夫人マリーに献呈されている。

ショパンが生涯愛用し続けたプレイエルとは?

プレイエルはショパンが生涯愛用していたピアノのメーカー。オーストリア出身の作曲家イグナツ・プレイエル(Ignace Pleyel/1757–1831)によって1807年に創業された。1813年には、息子カミーユ・プレイエル(Camille Pleyel)が経営権を引き継いだ。

カミーユ・プレイエルは、1831年にパリにやって来たショパンの才能をいち早く見出した人物だ。ショパンがパリで行なった公式のコンサートは全て、カミーユ・プレイエルの経営するコンサートホール「サル・プレイエル(Salle Pleyel)」で行われたという。

【楽譜】 ショパン ノクターン集の楽譜を探す

【試聴】ショパン ノクターン 第2番

ショパン エチュード・ノクターン特集

一度は弾いてみたいピアノ名曲

ショパン:ノクターン(全曲)

ショパン:ノクターン(全曲)ポーランド・ショパン協会認定のショパン・ピアノ全集中のアルバム。いくつかの国際コンクール入賞歴をもつポブウォッカは,高度な集中力をもって,求心性の鋭い演奏を聴かせている。