レオン・ミンクス
Léon Fedorovich Minkus/1826-1917

ロシア帝室バレエ団の舞踊音楽家 レオン・ミンクス

レオン・ミンクス

レオン・ミンクス(Léon Fedorovich Minkus/1826-1917)は、オーストリア出身でロシアで活躍した作曲家。19世紀のバレエ作曲家では最も人気のある一人。

偉大な振付師マリウス・プティパの協力を得て、20年近くにわたってペテルブルクのロシア帝室バレエ団のために舞踊音楽を提供した。

ミンクスの最も独創的なバレエ音楽は、「ドン・キホーテ」(1869年)、「ラ・バヤデール」(1877年)、「パキータ」(1881年)の3曲。今日でも世界中のバレエ団のレパートリーとして用いられている。

レオン・ミンクスの代表作

ドン・キホーテ Don Quixote
クラシックバレエでは、ドン・キホーテは主役ではなく、物語の端々に登場するだけの脇役的存在。物語の中心は若い男女の恋物語となっている。
パキータ Paquita
ジプシーの娘パキータとフランス人将校の恋を描く。身分の違いに恋をためらうパキータに訪れた奇跡とは?
ラ・バヤデール La Bayadère
舞台は古代インド。戦士ソロルは舞姫(バヤデール)であるニキヤとひそかに愛し合っており、結婚の誓いを立てていた。

有名なバレエ音楽・バレエ作品