カチューシャ

乙女の歌よ! 太陽をかすめ 鳥の如く飛んでゆけ!

『カチューシャ』(Katyusha/Катюша)は、1938年にロシアの人気フォーク歌手リディヤ・ルスラノヴァによって初演されたロシア歌曲

歌詞では、出征した恋人を想う少女カチューシャの切ない思いが描写されている。なお、「カチューシャ Katyusha」とはロシアの一般的な女性名で、エカテリーナ(Ekaterina)の愛称。

作詞:ミハイル・イサコフスキー、作曲:マトヴェイ・ブランテル。

当初歌詞は2番までしかなかったが、後に追加された3番・4番の歌詞で、カチューシャという娘の恋人が兵士であることが明確化され、境遇を同じくする戦場のソ連兵らによって広く愛唱された。

 

動画の視聴と歌詞

歌詞の意味・和訳

Расцветали яблони и груши,
Поплыли туманы над рекой;
Выходила на берег Катюша,
На высокий берег, на крутой.

咲き誇る林檎と梨の花
川面にかかる朝靄
若いカチューシャは歩み行く
霧のかかる険しく高い河岸に

Выходила, песню заводила
Про степного, сизого орла,
Про того, которого любила,
Про того, чьи письма берегла.

カチューシャは歌い始めた
誇り高き薄墨色の鷲の歌を
彼女が深く愛する青年の歌
大事に持ってる彼からの手紙

Ой, ты песня, песенка девичья,
Ты лети за ясным солнцем вслед,
И бойцу на дальнем пограничье
От Катюши передай привет.

おお 歌よ 乙女の歌よ
太陽をかすめ 鳥の如く飛んでゆけ
遠い国境の若き兵士の元へ
カチューシャの想いを届けるのだ

Пусть он вспомнит девушку простую,
Пусть услышит, как она поёт,
Пусть он землю бережёт родную,
А любовь Катюша сбережёт.

彼は思い起こすか 純真な乙女を
彼は聞くだろうか カチューシャの澄んだ歌声を
彼は愛すべき祖国の地を守り抜き
カチューシャは愛を強く守り抜く

Расцветали яблони и груши,
Поплыли туманы над рекой;
Выходила на берег Катюша,
На высокий берег, на крутой

咲き誇る林檎と梨の花
川面にかかる朝靄
若いカチューシャは歩み行く
霧のかかる険しく高い河岸に

ヘアバンドのカチューシャとの関係は?

頭に付けて髪の毛を押さえるC字型のヘアバンド(ヘッドバンド)を日本では「カチューシャ」と呼ぶが、この名前の由来・ルーツはロシア歌曲と関係があるのだろうか?

調べてみると、トルストイの小説『復活』の主人公「カチューシャ」がその由来のようで、ロシア歌曲とはまったく関係がないようだ。

日本では大正時代に同作を題材にした演劇が大人気となり、カチューシャの名前をつけた様々な商品が発売される中で、ヘアバンドの名前として「カチューシャ」が用いられ、今日まで定着しているとのこと。

各国へのカチューシャの影響

流行歌『カチューシャ』の名前は、ソ連が開発した自走式多連装ロケット・ランチャーの愛称としても定着した。一説によると、製造元の刻印「К」に関連付けられたようだが、流行歌の曲名が本当にルーツかどうかは定かではない。

また、ソ連での流行を受け、『カチューシャ』はドイツ語、中国語、ベトナム語などに翻訳されたほか、イタリアでは独自の歌詞がつけられ、パルチザン蜂起を呼び掛ける歌『風は鳴る Fischia il vento』として歌われた。

日本では、戦後の「うたごえ運動」における定番曲の一つとして愛唱されたほか、ファミコン版「テトリス」では、各ラウンドのフィナーレでBGMに使用された。

関連ページ

有名なロシア民謡・歌曲
「カチューシャ」、「トロイカ」、「カリンカ」など、有名なロシア民謡・歌曲の解説と視聴、歌詞・日本語訳
ガールズ&パンツァーで使われた劇中歌・BGM
アメリカ、ドイツ、ロシアなどの軍歌・歌謡・行進曲(元ネタ集)
カチューシャの唄 大正時代の流行歌
トルストイの長編小説『復活』を題材とした劇中歌が大正時代に大流行