お寺の和尚さん

日本の遊び歌・わらべうた/お寺の和尚さんが かぼちゃの種をまきました♪

『お寺の和尚さん』は、じゃんけん遊びで歌われる遊び歌・わらべうた。

地域や年代によって様々な歌詞が付けられ、じゃんけんが始まるまで結構時間がかかってしまうほど長いものもあるようだ。

スタンダードな歌詞は、次のように「花が咲いてじゃんけんぽん!」ですんなり終わるもの。

【歌詞の一例】

せっせっせーの よいよいよい
お寺の和尚さんが
かぼちゃの種をまきました
芽が出て ふくらんで
花が咲いたら じゃんけんぽん!

アレンジ版としては、忍法で空を飛んだり東京タワーにぶつかったりする歌詞も。東京スカイツリーが出来たら歌えなくなるのかも。

【歌詞の一例】

せっせっせーの よいよいよい
お寺の和尚さんが♪
かぼちゃの種を♪
まきました♪
芽が出てふくらんで♪
花が咲いて枯れちゃって♪
忍法使って空飛んで♪
東京タワーにぶつかって♪
ぐるりと回って じゃんけんぽん!

この他、「花が咲いて 実がなって カミナリごろごろ じゃんけんポン!」で終わるものや、東京タワーではなく電信柱にぶつかったりする歌詞などもあるようだ。

【試聴】お寺の和尚さん

関連ページ

有名なわらべうた
「あんたがたどこさ」、「はないちもんめ」、「おちゃらかほい」、「ずいずいずっころばし」など、日本の古いわらべうた
日本の民謡・童謡・唱歌
『赤い靴』、『いぬのおまわりさん』、『サッちゃん』、『シャボン玉』など、有名な日本の民謡・童謡一覧